簿記3級 重要仕訳TOP100 仕入取引(販売用の固定資産)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 販売目的の中古車を ¥ 400,000 で購入し、代金は月末に支払うことになった。また、中古車の輸送費用 ¥ 50,000 を現金で支払った。なお、当社は中古車販売業を行っている。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 立替金
車両運搬具 買掛金 電子記録債務 未払金
仕入 支払運賃 支払手数料 旅費交通費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 450,000 ※1 買掛金
現金
400,000
50,000

※1 400,000円+50,000円=450,000円(貸借差額)

解説

 仕入取引(販売用の固定資産)に関する問題です。

 本問は、取引を【掛けによる仕入取引】【輸送費用に関する取引】の2つに分けて考えましょう。

 販売目的で固定資産を購入した場合、商品を仕入れたときと同様に仕入買掛金で処理します。問題文の「中古車を…購入」につられて、車両運搬具・未払金で処理しないように気をつけましょう。

  • 外部に販売するために固定資産を購入した場合:仕入として処理する
  • 社内で使用するために固定資産を購入した場合:固定資産で処理する
解答①(掛けによる仕入取引)
(借)仕入 400,000
 (貸)買掛金 400,000

 商品の輸送費や引取運賃など、商品を仕入れるさいに発生する費用(付随費用)を仕入諸掛りといいます。

 本問のように、仕入諸掛りを当社・仕入先のどちらが負担するのか明確な指示がない場合は、当社が負担すると考えて仕入原価に含めて処理します。

仕入原価:400,000円+50,000円=450,000円

  • 仕入諸掛り
    • 当社負担:仕入原価に含めて処理
    • 仕入先負担:立替金で処理or買掛金から差し引いて処理
  • 売上諸掛り
    • 当社負担:発送費などで費用処理
    • 得意先負担:立替金で処理or売掛金に含めて処理
解答②(輸送費用に関する取引)
(借)仕入 50,000
 (貸)現金 50,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

昔からある典型的なひっかけ問題です。問題文に「販売するために…」「販売目的で…」というキーワードが出てきたら要注意です!

重要仕訳一覧

ページの先頭へ