第151回日商簿記検定2級・仕訳類題3(売上割戻)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★★☆

 商品 ¥ 5,000,000 を販売した得意先に「当社の規定に従い、一定数量以上の商品を注文した大口の顧客に対し、商品代金の1%相当額の支払いを免除する」という連絡を入れ、当社の普通預金口座から得意先の当座預金口座に免除額を振り込んだ。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
商品 繰越商品 買掛金 売上
売上割引 仕入 仕入割引 損益

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上 50,000 普通預金 50,000

解説

 売上割戻に関する問題です。

 本問は、借方の勘定科目を「売上」にするか「売上割引」にするか迷った方も多いと思います。両者の違いをきちんと押さえておきましょう。

  • 売上割戻:たくさん買ってくれてから安くしてあげる(本問)
  • 売上割引:約束よりも早く払ってくれたから安くしてあげる

 免除額は、問題文に「商品代金の1%相当額の支払いを免除する」とあるので、商品代金5,000,000円に1%を乗じて計算しましょう。

5,000,000円×1%=50,000円

 売上割戻に関する問題は、第140回の問3第148回の問4でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ