第151回日商簿記検定2級・仕訳類題1(本支店会計)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★★★

 名古屋に支店を開設することになり、本店から現金 ¥ 5,000,000、商品(原価:¥ 3,000,000、売価:¥ 4,000,000)および備品(取得原価:¥ 2,500,000、減価償却累計額:¥ 1,000,000)を移管した。支店独立会計制度を導入したときの本店側の仕訳を答えなさい。

 ただし、当社は商品売買の記帳を「販売のつど売上原価勘定に振り替える方法」、有形固定資産の減価償却にかかる記帳を間接法によっている。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 売掛金 商品
繰越商品 備品 備品減価償却累計額 買掛金
売上 仕入 本店 支店

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
備品減価償却累計額
支店
1,000,000
9,500,000
現金
商品
備品
5,000,000
3,000,000
2,500,000

解説

 本支店会計に関する問題です。

 本問は本店側の処理が問われているので、支店に移管した資産(と評価勘定)を減額し、貸借差額を支店で処理しましょう。

 また、問題文に「商品売買の記帳を「販売のつど売上原価勘定に振り替える方法」によっている」とあるので、商品については原価商品勘定で処理します。売価や繰越商品勘定を使わないように気をつけてください。

参考:売上原価対立法の仕入時(受入時)の仕訳
(借)商品 ×××
 (貸)買掛金など ×××

 なお、有形固定資産は間接法で処理しているので、備品の取得価額を備品で、減価償却累計額を備品減価償却累計額で処理しましょう。

 最後に、支店側の仕訳をご紹介します。本店から移管された資産(と評価勘定)を計上し、貸借差額を本店で処理しましょう。

参考:支店側の仕訳
(借)現金 5,000,000
(借)商品 3,000,000
(借)備品 2,500,000
 (貸)備品減価償却累計額 1,000,000
 (貸)本店 9,500,000 ※1

※1 5,000,000円+3,000,000円+2,500,000円-1,000,000円=9,500,000円(貸借差額)

 本支店会計に関する問題は、第107回の問5第116回の問3第121回の問1第126回の問5第137回の問1第140回の問2第142回の問5第145回の問5でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ