第149回日商簿記検定3級・仕訳類題2(売上取引)

仕訳問題(類題)

重要度:★★★ 難度:★☆☆

 恩田商店に商品 ¥ 880,000 を売り上げ、代金として当店振り出しの約束手形を受け取った。なお、商品の発送費(当店負担)¥ 5,000 を現金で支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 普通預金 受取手形 売掛金
立替金 支払手形 買掛金 発送費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
支払手形
発送費
880,000
5,000
売上
現金
880,000
5,000

解説

 売上取引に関する問題です。

 本問は【商品売買に関する仕訳】【諸掛りに関する仕訳】の2つに分けて考えましょう。

商品売買に関する仕訳

 売上代金として当店振り出しの約束手形を受け取っているので、受取手形の増加ではなく支払手形の減少として処理します。

  • 当店振り出しの約束手形を受け取った場合:手形代金を支払う義務が消滅 → 支払手形の減少
  • 他店振り出しの約束手形を受け取った場合:手形代金を受け取る権利が発生 → 受取手形の増加
①商品売買に関する仕訳
(借)支払手形 880,000
 (貸)売上 880,000

諸掛りに関する仕訳

 本問のように当店負担の諸掛りを支払った場合は、発送費などで費用処理します。なお、以下の4パターンの処理は簿記3級でよく問われるので、完ぺきに押さえておきましょう。

  • 仕入時の諸掛り
    • 当店負担:仕入原価に含めて処理
    • 仕入先負担:立替金で処理or買掛金から差し引いて処理
  • 売上時の諸掛り
    • 当店負担:発送費などで費用処理
    • 得意先負担:立替金で処理or売掛金に含めて処理
②諸掛りに関する仕訳
(借)発送費 5,000
 (貸)現金 5,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。



ページの先頭へ