第149回日商簿記検定3級・仕訳類題1(手形貸付金)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★☆☆

 東野商店に ¥ 1,000,000 を貸し付け、同額の約束手形を受け取り、利息 ¥ 10,000 を差し引いた残額を当店の当座預金口座から東野商店の普通預金口座に振り込んだ。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
普通預金 当座預金 受取手形 手形貸付金
支払手形 手形借入金 受取利息 支払利息

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
手形貸付金 1,000,000 当座預金
受取利息
990,000
10,000

解説

 手形貸付金に関する問題です。

 本問は、問題文の「同額の約束手形を受け取り」から、貸し付けにあたって借用証書の代わりに約束手形を受け取ったことが分かります。

 このような場合は、通常の貸付金と区別するために手形貸付金で処理します。仕訳の考え方や処理方法は貸付金と同じです。

  • 借用証書による貸し付け:貸付金で処理
  • 約束手形による貸し付け:手形貸付金で処理

 なお、利息に関しては「貸付時に受け取る場合」と「回収時に受け取る場合」の2パターンがありますが、問題文の「利息 ¥ 10,000 を差し引いた残額を」から貸付時に受け取るパターンと判断して、受取利息10,000円を計上します。

 手形貸付金に関する問題は、第136回の問4でも出題されているのであわせてご確認ください。



ページの先頭へ