第149回日商簿記検定2級・仕訳類題1(電子記録債権)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★★☆

 池井戸商店に対する買掛金 ¥ 300,000 の支払いを電子債権記録機関で行うため、取引銀行を通して電子記録債権の譲渡記録を行うとともに、電子記録債権のうち ¥ 200,000 を取引銀行で割引き、割引料 ¥ 3,000 が差し引かれた手取金が当座預金口座に振り込まれた。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 普通預金 当座預金 受取手形
売掛金 電子記録債権 買掛金 電子記録債務
支払手数料 支払利息 電子記録債権売却損 手形売却損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金
当座預金
電子記録債権売却損
300,000
197,000
3,000
電子記録債権 500,000

解説

 電子記録債権に関する問題です。

 本問は、取引を【電子記録債権の譲渡記録】と【電子記録債権の割引き】の2つに分けて解答を考えましょう。

電子記録債権の譲渡記録

 買掛金を支払うために電子債権記録機関で電子記録債権の譲渡記録を行った場合は、買掛金と電子記録債権を相殺消去します。

①電子記録債権の譲渡記録に関する仕訳
(借)買掛金 300,000
 (貸)電子記録債権 300,000

 なお、買掛金を支払うために電子債権記録機関で債務の発生記録を行った場合は、買掛金を電子記録債務に振り替えます。

 両仕訳のポイントは、買掛金を減らすために手持ちの資産(電子記録債権)を減らしたのか、新たな債務(電子記録債務)を増やしたのかの違いです。どちらのパターンで出題されても対応できるように予め準備しておきましょう。

参考・債務の発生記録を行った場合の仕訳
(借)買掛金 300,000
 (貸)電子記録債務 300,000

電子記録債権の割引き

 仕訳の考え方は手形の割引きと全く同じです。手形の割引きでは割引料(手数料)を「手形売却損」で処理しますが、電子記録債権の割引きの場合は「電子記録債権売却損」で処理します。

②電子記録債権の割引きに関する仕訳
(借)当座預金 197,000
(借)電子記録債権売却損 3,000
 (貸)電子記録債権 200,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

 電子記録債権に関する問題は、現時点では本問のみです。



ページの先頭へ