第148回日商簿記検定3級・仕訳類題2(債権債務の相殺)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★☆☆

 本日、藤澤商店に対する買掛金 ¥ 800,000 および売掛金 ¥ 1,000,000 の決済日につき、藤澤商店の承諾を得て両者を相殺処理するとともに、売掛金の超過分 ¥ 200,000 は藤澤商店振出しの小切手で回収した。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
未収入金 買掛金 未払金 雑損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金
現金
800,000
200,000
売掛金 1,000,000

解説

 債権債務の相殺に関する問題です。

 本論点の問題は今回が初めての出題になりますが、処理自体は非常に簡単です。

 借方の売掛金1,000,000円と貸方の買掛金800,000円を相殺するとともに、貸借差額の200,000円については、問題文に「藤澤商店振出しの小切手で回収した」とあるので現金で処理します。

  • 得意先振出小切手を受け取った場合:現金の増加(本問)
  • 当店振出小切手を受け取った場合:当座預金の増加
  • 得意先振出小切手を受け取って、ただちに当座預金に預け入れた場合:当座預金の増加

 債権債務の相殺に関する問題は、現時点では本問のみです。



ページの先頭へ