第148回日商簿記検定2級・仕訳類題4(売上割戻)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★☆☆

 先月と今月の宇野商事に対する売上高合計が ¥ 2,200,000 に達し、当社の割戻条件(2か月間の売上が ¥ 2,000,000 を超える顧客に対し、売上総額の0.5%相当額を支払う)を満たしたため、本日、所定の額の小切手を振り出して支払った。なお、先月末の決算で同社に対する売上割戻引当金を ¥ 6,000 計上している。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 未収入金
前受金 売上割戻引当金 繰越利益剰余金 売上割戻
仕入割引 仕入割戻 支払手数料 売上割引

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上割戻引当金
売上割戻
6,000
5,000
当座預金 11,000

解説

 売上割戻に関する問題です。

 本問はまず、問題文の「2か月間の売上が ¥ 2,000,000 を超える顧客に対し、売上総額の0.5%相当額を支払う」から、売上割戻の金額を計算しましょう。

 計算にあたっては、判断基準となる金額(2,000,000円)ではなく、先月と今月の宇野商事に対する売上高合計(2,200,000円)に0.5%を乗じる点にご注意ください。

2,200,000円×0.5%=11,000円

 また、問題文の「先月末の決算で同社に対する売上割戻引当金を ¥ 6,000 計上している」から、前期末の決算で売上割戻引当金を計上していることが分かります。

 よって、売上割戻11,000円のうち、6,000円については売上割戻引当金を取り崩して充当し、残額の5,000円(=11,000円-6,000円)については売上割戻で処理します。

 なお、本問は問題に列挙されている勘定科目に売上がない(売上割戻はある)ので、売上割戻で処理すると判断します。うっかり売上で処理しないように気をつけてください。

期中に売上割戻で処理した場合、決算整理仕訳はどうなる?

 本問では問われていませんが、期中に売上割戻で処理した場合は決算整理仕訳で売上に振り替えます。参考までに仕訳をご確認ください。

参考・決算整理時の仕訳
(借)売上 5,000
 (貸)売上割戻 5,000

 売上割戻に関する問題は、第140回の問3でも出題されているのであわせてご確認ください。



ページの先頭へ