第146回日商簿記検定2級・仕訳類題5(消費税)

仕訳問題(類題)

重要度:★★★ 難度:★☆☆

 決算を行い、納付すべき消費税の額を算定した。なお、本年度の消費税の仮払分は ¥ 720,000、仮受分は ¥ 580,000 であり、消費税の記帳は税抜方式により行っている。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 未収還付消費税
仮払消費税 仮払法人税等 未払消費税 仮受消費税
未払法人税等 繰越利益剰余金 租税公課 手形売却損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮受消費税
未収還付消費税
580,000
140,000
仮払消費税 720,000

解説

 消費税に関する問題です。

 消費税を税抜方式により記帳している場合、期中において消費税を支払った時は仮払消費税、受け取った時は仮受消費税で処理します。

 その後、決算において仮払消費税と仮受消費税を相殺し、貸借差額により消費税の納付額または還付額を計算します。

  • 仮払>仮受 → 多く払いすぎている → 払いすぎている分が戻ってくる → 未収還付消費税
  • 仮払<仮受 → 多くもらいすぎている → もらいすぎている分を納める必要がある → 未払消費税

 本問の場合、仮受分(580,000円)よりも仮払分(720,000円)のほうが多いため、差額の140,000円を未収還付消費税で処理します。

 消費税に関する問題は、第104回の問3第110回の問2第117回の問3第124回の問3第132回の問3第138回の問5第141回の問4第142回の問1第143回の問5第144回の問3第147回の問3第150回の問4でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ