第146回日商簿記検定2級・仕訳類題3(固定資産の圧縮記帳)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★★☆

 備品 ¥ 800,000 の取得にあたり、国庫補助金 ¥ 300,000 を受け取っていたが、誤って前受金の増加として処理していたことが判明した。本日、この誤りを修正するとともに、直接控除方式により圧縮記帳の処理を行った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 未収入金
備品 機械装置 未払金 前受金
租税公課 研究開発費 固定資産圧縮損 国庫補助金受贈益

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
前受金
固定資産圧縮損
300,000
300,000
国庫補助金受贈益
備品
300,000
300,000

解説

 固定資産の圧縮記帳に関する問題です。

 本問は【仮受金の修正に関する仕訳】【圧縮記帳に関する仕訳】に分けて考えましょう。

仮受金の修正に関する仕訳

 問題文に「国庫補助金 ¥ 300,000 を受け取っていたが、誤って前受金の増加として処理していたことが判明した」とあるので、誤って処理していた前受金を国庫補助金受贈益に振り替えます。

解答仕訳①
(借)前受金 300,000
 (貸)国庫補助金受贈益 300,000

圧縮記帳に関する仕訳

 圧縮記帳に関しては、固定資産圧縮損を計上するとともに、同額だけ固定資産の帳簿価額を減額します。

解答仕訳②
(借)固定資産圧縮損 300,000
 (貸)備品 300,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。



ページの先頭へ