第143回日商簿記検定3級・仕訳類題2(仕入取引・前払金)

仕訳問題(類題)

重要度:★★★ 難度:★★☆

 株式会社定礎に注文していた商品 ¥ 400,000 が到着した。商品代金のうち10%は前金としてあらかじめ支払済みであるため相殺し、残額は掛けとした。なお、当店が負担することになっている商品の着払い送料 ¥ 5,000 は現金で支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 前払金 立替金 買掛金
未払金 仕入 発送費 支払手数料

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 405,000 ※3 前払金
買掛金
現金
40,000
360,000
5,000
※1
※2

※1 400,000円×10%=40,000円

※2 400,000円-40,000円=360,000円

※3 400,000円+5,000円=405,000円(貸借差額)

解説

 仕入取引に関する問題です。この問題は【前払金に関する仕訳】【買掛金に関する仕訳】【送料に関する仕訳】に分けて考えると分かりやすいです。

前払金に関する仕訳

 問題文に「商品代金のうち10%は前金としてあらかじめ支払済みであるため相殺し」とあるので、前金40,000円(=400,000円×10%)の支払時の仕訳を考えたうえで解答を導き出すと分かりやすいです。

前金支払時の仕訳(既に切られた仕訳)
(借)前払金 40,000
 (貸)現金など 40,000
解答すべき仕訳…①
(借)仕入 40,000
 (貸)前払金 40,000

買掛金に関する仕訳

 問題文に「残額は掛けとした」とあるので、残額の360,000円(=400,000円-40,000円)を通常の掛け仕入として処理するだけです。

(借)仕入 360,000
 (貸)買掛金 360,000

送料に関する仕訳

 送料や引取運賃などの付随費用は、商品を仕入れるさいに不可避的に発生する費用なので、仕訳を切るさいは仕入勘定に含めて処理します。

購入代価(400,000円)+付随費用(5,000円)=商品の仕入原価(405,000円)

解答③
(借)仕入 5,000
 (貸)現金 5,000

 上記の①②③の仕訳をまとめると解答の仕訳になります。



ページの先頭へ