第141回日商簿記検定3級・仕訳類題3(償却債権取立益)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 昨年度末に得意先が倒産したため、そのさいに売掛金 ¥ 2,000,000 の貸倒れ処理を行っていたが、本日、得意先の清算に伴い ¥ 200,000 の残余財産の分配を受け、同額が当座預金口座に振り込まれた。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 普通預金 当座預金 売掛金
受取利息 受取配当金 償却債権取立益 貸倒損失

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 200,000 償却債権取立益 200,000

解説

 償却債権取立益に関する問題です。本問は、問題文に「昨年度末に得意先が倒産したため、そのさいに売掛金 ¥ 2,000,000 の貸倒れ処理を行っていた」とあるので、まずは貸倒処理時の仕訳をイメージしてみましょう。

参考・貸倒処理時の仕訳
(借)貸倒損失or貸倒引当金 2,000,000
 (貸)売掛金 2,000,000

 本問のように、前期(以前)に貸倒処理した債権を当期に回収した場合、貸倒処理時に計上した貸倒損失や貸倒引当金を取り消すのではなく、償却債権取立益勘定で処理します。

解答・売掛金の一部を回収したときの仕訳
(借)当座預金 200,000
 (貸)償却債権取立益 200,000

 なお、当期に貸倒処理した債権を当期に回収した場合、貸倒処理時に計上した貸倒損失や貸倒引当金を取り消します。参考までに以下の仕訳ご確認ください。

参考・貸倒処理時の仕訳
(借)貸倒損失or貸倒引当金 ×××
 (貸)売掛金 ×××
参考・売掛金の一部を回収したときの仕訳
(借)当座預金 ×××
 (貸)貸倒損失or貸倒引当金 ×××

 償却債権取立益に関する問題は、第104回の問1第117回の問3第127回の問3でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ