第141回日商簿記検定2級・仕訳類題4(仕入取引・研究開発費・消費税)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★★★

 双葉商事株式会社から、商品 ¥ 1,200,000 と研究開発のために使用する情報機器備品 ¥ 800,000 を、月末払いの条件で購入した。これらに対する消費税の税率は8%であり、取引は税込方式により記帳する。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
仮払消費税 前払金 租税公課 備品
未払金 買掛金 研究開発費 仕入
仕入割戻 消耗品費 仮受消費税 仕入値引

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入
研究開発費
1,296,000
864,000
買掛金
未払金
1,296,000
864,000

解説

 仕入取引・研究開発費・消費税に関する問題です。

 本問は「商品の購入に関する仕訳」と「研究開発用の備品の購入に関する仕訳」に分けて考えましょう。

商品の購入に関する仕訳

 商品1,200,000円を月末払いの条件で購入しているので、仕入と買掛金で処理します。未払金を使わないように気をつけてください。

 また、問題文に「消費税の税率は8%であり、取引は税込方式により記帳する」とあるので、消費税分96,000円(=1,200,000円×8%)については仕入に含めて処理します。

解答①・商品の購入に関する仕訳
(借)仕入 1,296,000
 (貸)買掛金 1,296,000

 参考までに税抜方式による場合の仕訳も確認しておきましょう。消費税分については仕入に含めずに仮払消費税で処理します。

参考・税抜方式による場合の仕訳
(借)仕入 1,200,000
(借)仮払消費税 96,000
 (貸)買掛金 1,296,000

研究開発用の備品の購入に関する仕訳

 研究開発目的で支出したコストは全て研究開発費で処理します。

 例えば、研究開発部門の人件費や実験で使う材料費や器具、消耗品なども全て研究開発費になります。

 本問は、問題文に「研究開発のために使用する情報機器備品 ¥ 800,000 」とあるので、800,000円全額を研究開発費で処理します。備品で処理しないように気をつけてください。

 また、消費税については本問は税込方式により記帳されているので、解答①の仕訳と同じように研究開発費に含めて処理します。

解答②・研究開発用の備品の購入に関する仕訳
(借)研究開発費 864,000
 (貸)未払金 864,000

 ①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

 最後に、税抜方式による場合の仕訳も確認しておきましょう。消費税分については研究開発費に含めずに仮払消費税で処理します。

参考・税抜方式による場合の仕訳
(借)研究開発費 800,000
(借)仮払消費税 64,000
 (貸)未払金 864,000

 本問は「研究開発のひっかけ+消費税の処理」が同時に問われているので、正解にたどり着くのはなかなか難しい問題です。

 研究開発費に関する問題は、第101回の問5第136回の問3第142回の問2第146回の問2でも出題されているので、あわせてご確認ください。

 消費税に関する問題は、第104回の問3第110回の問2第117回の問3第124回の問3第132回の問3第138回の問5第142回の問1第143回の問5第144回の問3第146回の問5第147回の問3第150回の問4でも出題されているので、あわせてご確認ください。



ページの先頭へ