第140回日商簿記検定3級・仕訳類題5(借入金の返済)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★★☆

 取引銀行から運転資金として ¥ 2,000,000 を借り入れていたが、本日、支払期日が到来したため、元利合計を普通預金から返済した。なお、借り入れにともない発生した利息の利率は6%、借入期間は当期中の9か月であった。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 前受金
未払金 借入金 仮受金 支払利息

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
借入金
支払利息
2,000,000
90,000
普通預金 2,090,000

解説

 借入金の返済に関する問題です。

 本問は、問題文に「元利合計を普通預金から返済した」とありますが、これは文字どおり「本と息の合計額を普通預金から返済した」という意味なので、まずは利息の金額を月割りで計算しましょう。

2,000,000円×6%×9か月/12か月=90,000円

 借入金の返済に関する問題は、第131回の問3第148回の問5でも出題されているのであわせてご確認ください。



ページの先頭へ