第140回日商簿記検定2級・仕訳類題2(本支店会計)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★★☆

 当社は本店の他に複数の支店を全国に展開しており、支店分散計算制度を導入しているが、かねて本店が安部工房株式会社から掛けで仕入れた商品の代金 ¥ 216,000 について、本日、多摩支店に安部工房株式会社の社員が集金に来たので、多摩支店は本店に代わって全額を小切手を振り出して支払った。なお、今回は本店側の仕訳を解答する必要はない。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 受取手形
売掛金 立替金 支払手形 買掛金
未払金 本店 多摩支店 仕入

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
本店 216,000 当座預金 216,000

解説

 本支店会計に関する問題です。

 本問は、本店が支払うべき買掛金を多摩支店が支払っただけなので、仕訳自体はとても簡単です。

解答・多摩支店の仕訳
(借)本店 216,000
 (貸)当座預金 216,000

 なお、本問は、問題文に「今回は本店側の仕訳を解答する必要はない」とあるので、本店の仕訳を解答する必要はありませんが、参考までに仕訳をご確認ください。

参考・本店の仕訳
(借)買掛金 216,000
 (貸)多摩支店 216,000

 本支店会計に関する問題は、第107回の問5第116回の問3第121回の問1第126回の問5第137回の問1第142回の問5第145回の問5第151回の問1でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ