第136回日商簿記検定2級・仕訳類題3(研究開発費)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 当月の研究開発部門の人件費 ¥ 400,000 と、研究開発用の材料と消耗品の購入代金 ¥ 200,000 を小切手を振り出して支払った。また、研究開発目的のみに使用する遠心分離装置 ¥ 800,000 を購入し、代金は翌々月末に支払うこととした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 買掛金 未収入金
未払金 支払利息 備品 支払手数料
前払利息 未払利息 繰越商品 研究開発費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
研究開発費 1,400,000 当座預金
未払金
600,000
800,000

解説

 研究開発費に関する問題です。

 研究開発に関する全てのコストは、発生時に研究開発費で費用処理します。問題文の「人件費」「材料」「消耗品」「遠心分離装置」等のキーワードに惑わされないように気をつけましょう。

 研究開発費に関する問題は、第101回の問5第141回の問4第142回の問2第146回の問2でも出題されているので、あわせてご確認ください。



ページの先頭へ