第136回日商簿記検定2級・仕訳類題2(法人税等)

仕訳問題(類題)

重要度:★★★ 難度:★☆☆

 決算にあたり、当期の法人税 ¥ 1,500,000 、住民税 ¥ 300,000 、事業税 ¥ 420,000 を見積もった。なお、中間申告のさいに、前年度の納付税額の合計 ¥ 3,700,000 の半分を現金で納付していた。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 繰越利益剰余金 未収入金
未払金 支払手数料 受取手数料 前払利息
未払利息 未払法人税等 仮払法人税等 法人税等

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
法人税等 2,220,000 仮払法人税等
未払法人税等
1,850,000
370,000

解説

 法人税等に関する問題です。

 決算において法人税等を計上する仕訳は、以下の手順で機械的に処理することができます。必ずマスターしておきましょう。

  • 仕訳の考え方
    1. 当期に計上すべき法人税等の金額を計算し、借方に「法人税等」を計上する。
    2. 中間納付の有無を確認し、中間納付があれば貸方に「仮払法人税等」を計上する。
    3. 貸借差額を計算し、貸方に「未払法人税等」を計上する。

 なお、3.の貸借差額が貸方残になる場合(=借方の法人税等よりも貸方の仮払法人税等のほうが大きい場合)は、借方に未収還付法人税を計上します。頭の片隅に入れておきましょう。

  • 本問の場合
    1. 借方に「法人税等 2,220,000円」を計上する。
      • 当期の法人税等:1,500,000円+300,000円+420,000円=2,220,000円
    2. 貸方に「仮払法人税等 1,850,000円」を計上する。
      • 中間納付:3,700,000円÷2=1,850,000円
    3. 貸方に「未払法人税等 370,000円」を計上する。
      • 貸借差額:2,220,000円-1,850,000円=370,000円

 法人税等に関する問題は、第102回の問2第107回の問2第112回の問3第113回の問3第119回の問4第122回の問5第127回の問5第151回の問4でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ