第132回日商簿記検定2級・仕訳類題5(委託買付)

仕訳問題(類題)

 上杉製塩株式会社から次の買付計算書とともに商品の送付を受けた。なお、当社は買付委託時に支払った手付金を前払金勘定で処理している。

  • 商品買付代金:¥ 500,000
  • 諸掛り:発送運賃 ¥ 12,000 + 買付手数料 ¥ 24,000 = ¥ 36,000
  • 買付代金合計:¥ 536,000
  • 前受金:¥ 200,000
  • 差引請求金額:¥ 336,000
勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 売掛金 未着品 積送品
未収入金 前払金 買掛金 前受金
売上 仕入 発送費 支払手数料

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 536,000 前払金
買掛金
200,000
336,000

解説

 特殊商品売買の委託買付に関する問題です。委託買付とは、商品の仕入を問屋や商社等の代理店などに委託し、商品代金に手数料を加算した金額をもって仕入れる取引をいいます。委託買付の問題は、前金や手付金を前払いした時の仕訳をイメージすると分かりやすいです。

 なお、本問は問題文に「当社は買付委託時に支払った手付金を前払金勘定で処理している」とあるので、前払金勘定で処理しますが、問題によっては委託買付勘定で処理することもあるので、問題文の指示や列挙されている勘定科目をきちんとチェックするクセを付けてください。

【参考】手付金支払時に切った仕訳
(借)前払金 200,000
 (貸)現金など 200,000

 そのうえで仕入時の仕訳を考えますが、これは手付金200,000円を前払いした分と、残りの336,000円を分けて考えます、仕訳自体は簡単なので特に問題ないと思います。

【解答】手付金部分に関する仕訳
(借)仕入 200,000
 (貸)前払金 200,000
【解答】手付金以外の部分に関する仕訳
(借)仕入 336,000
 (貸)買掛金 336,000

 委託買付に関する問題は、第103回の問4第119回の問1でも出題されています。



ページの先頭へ