第132回日商簿記検定2級・仕訳類題2(未着品販売)

仕訳問題(類題)

 かねて真田商店から購入していた船荷証券 ¥ 700,000 を山縣商店へ ¥ 900,000 で売り渡し、代金は当店を受取人とする自己受為替手形を振り出し、同店の引受けを得た。なお、これにともなう売上原価は仕入勘定へ振り替える。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 受取手形 売掛金
未着品 積送品 未収入金 支払手形
買掛金 前受金 売上 仕入

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取手形
仕入
900,000
700,000
売上
未着品
900,000
700,000

解説

 特殊商品売買の未着品販売に関する問題です。この問題は【為替手形に関する取引】【売上原価の振り替えに関する取引】の2つに分けて考えると分かりやすいです。

 未着品販売とは、商品が到着する前に貨物代表証券(貨物引換証)を、券の状態のまま転売する取引なので、未着品を売り上げた場合は通常の売上と区別するために未着品売上勘定を使いますが、本問のように問題文で列挙されている勘定科目に未着品売上勘定がない場合は売上勘定で処理します。

為替手形に関する取引

 問題文に「代金は当店を受取人とする自己受為替手形を振り出し、同店の引受けを得た」という一文がありますが、自己受為替手形は、振出人と指図人が同一人物となる点に注意してください。本問の場合、山縣商店が名宛人(支払人)で、当店が振出人かつ指図人(受取人)です。

解答①
(借)受取手形 900,000
 (貸)売上 900,000

売上原価の振り替えに関する取引

 次に、問題文の「これにともなう売上原価は仕入勘定へ振り替える」という一文から、いわゆるその都度法を採用していることが分かるので、売上原価(700,000円)を未着品勘定から仕入勘定に振り替える仕訳を切ります。

 なお、仮に期末に一括して仕入勘定に振り替える方法(期末一括法)を採用していた場合には、決算整理のときに当該仕訳を切ります。あわせて押さえておいてください。

解答②
(借)仕入 700,000
 (貸)未着品 700,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答の仕訳になります。特殊商品売買の未着品販売に関する問題は、第104回の問1第108回の問1第118回の問3第123回の問3でも出題されています。



ページの先頭へ