第124回日商簿記検定3級・仕訳類題2(仕入取引・手形取引)

仕訳問題(類題)

 商品 ¥ 136,000 を仕入れ、代金のうち ¥ 80,000 については手許にある得意先振出しの約束手形を裏書譲渡し、残額は小切手を振り出して支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 受取手形 売掛金
支払手形 買掛金 未払金 仕入

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 136,000 受取手形
当座預金
80,000
56,000

解説

 仕入取引に関する問題です。この問題は【裏書手形に関する仕訳】【小切手振出しに関する仕訳】に分けて考えると分かりやすいです。

裏書手形に関する仕訳

 問題文に「代金のうち ¥ 80,000 については手許にある得意先振出しの約束手形を裏書譲渡し」とありますから、当店が所有している他店振出の受取手形を仕入先に譲渡する仕訳をきります。

(借)仕入 80,000
 (貸)受取手形 80,000

小切手振出しに関する仕訳

 残額の56,000円については、通常の小切手振出しによる仕入取引ですから特に問題は無いと思います。

(借)仕入 56,000
 (貸)当座預金 56,000

 上記の2本の仕訳をまとめると解答になります。本問は簡単な問題なので、完璧に出来るようにしておいてください。ちなみに、問題自体は第120回の問1とほとんど同じ形式です。



ページの先頭へ