第123回日商簿記検定3級・仕訳類題1(仕入取引・手形取引)

仕訳問題(類題)

 藤本商店から商品 ¥ 350,000 を仕入れ、代金のうち ¥ 200,000 については同店から為替手形の引き受けを求められたため、これを引き受け、残額については同店あての約束手形を振り出して支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 受取手形 売掛金
前払金 支払手形 買掛金 仕入

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 350,000 支払手形 350,000

解説

 仕入取引に関する問題です。この問題は【為替手形に関する仕訳】【約束手形に関する仕訳】に分けて考えると分かりやすいです。

為替手形に関する仕訳

 問題文に「代金のうち ¥ 200,000 については同店から為替手形の引き受けを求められたため、これを引き受け」とあるので、藤本商店が振り出した自己受為替手形を引き受けたことにより、新たな手形債務が発生することになるので、支払手形の増加として処理します。

解答①
(借)仕入 200,000
 (貸)支払手形 200,000
参考・藤本商店の仕訳
(借)受取手形 200,000
 (貸)売上 200,000

約束手形に関する仕訳

 これに関しては「仕入れに伴い約束手形を振り出した」というスタンダードな取引ですから、特に問題はないと思います。単純に支払手形の増加として処理するだけです。

解答②
(借)仕入 150,000
 (貸)支払手形 150,000

 上記の①②の仕訳をまとめると解答の仕訳になります。なお、解答の書き方について何人かの方からご質問をいただきましたが、個人的には支払手形350,000とまとめて書いたほうがいいと思います。

 ただ、200,000円と150,000円に分けて書いても不正解になることはないと思いますので、この点に関してはあまりナーバスになる必要はありません。



ページの先頭へ