第120回日商簿記検定2級・仕訳類題3(仕入割引)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★☆☆

 平成20年12月3日に、神戸物産株式会社は、仕入先分部製作所に対する買掛金を小切手を振り出して支払った。なお、この買掛金は平成20年11月29日に仕入れた商品 ¥ 300,000 に対するものであり、仕入日より1週間以内に支払う場合は、代金の3%を割り引くという条件が付いていた。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
受取手形 前払金 買掛金 支払手形
売上 仕入割引 仕入 売上割引

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 300,000 当座預金
仕入割引
291,000
9,000

解説

 仕入割引に関する問題です。

 商品仕入時の契約により、所定の期日内に掛け代金を支払った場合に、一定額の割り引き(キャッシュバック)を受けられることがあります。

 本問の場合は、問題文の「仕入日より1週間以内に支払う場合は、代金の3%を割り引く」という条件を満たすことにより、3%の割り引きを受けることができます。

 なお、仕訳自体はとても簡単です。返済額の3%の9,000円(=300,000円×3%)を仕入割引で処理するとともに、残額の291,000円(=300,000円-9,000円)の支払いを当座預金で処理します。

 仕入割引に関する問題は、第109回の問4第142回の問4第148回の問1でも出題されているのであわせてご確認ください。毎回ほとんど同じ形式で出題されています。



ページの先頭へ