第118回日商簿記検定2級・仕訳類題3(荷為替手形)

仕訳問題(類題)

 遠隔地にある仕入先に商品 ¥ 100,000 を注文していたが、本日この商品に取り組まれた額面 ¥ 60,000 の荷為替手形の呈示を受けたので、これを引き受け、商品の貨物引換証を受け取った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
受取手形 売掛金 未着品 積送品
委託販売 前払金 支払手形 買掛金
受託販売 前受金 売上 仕入

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
未着品 100,000 支払手形
買掛金
60,000
40,000

解説

 荷為替手形に関する問題です。問題文に「商品の貨物引換証を受け取った」とあるので借方に未着品勘定を計上し、その商品代金のうち荷為替手形引き受け分に関しては貸方に支払手形勘定を、残額については買掛金勘定を計上します。

 このような問題の場合、買掛金で処理する40,000円については指示がないことが通常なので、この点については割り切って覚えてください。

 荷為替手形に関する問題は、第110回の問3第115回の問2第117回の問5第122回の問2第131回の問2第133回の問1第134回の問2でも出題されています。



ページの先頭へ