第117回日商簿記検定2級・仕訳類題5(荷為替手形)

仕訳問題(類題)

 梶原商店へ委託販売のため、商品(仕入原価 ¥ 400,000 、売価 ¥ 600,000 )を船便で発送するとともに、小田原銀行で額面 ¥ 400,000 の荷為替を取り組み、割引料 ¥ 5,000 を差し引かれ、手取金を当座預金とした。なお、発送運賃等の諸掛 ¥ 5,000 は現金で支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 売掛金 前払金
未着品 積送品 貯蔵品 買掛金
前受金 売上 仕入 手形売却損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
積送品

当座預金
手形売却損
405,000

395,000
5,000
仕入
現金
前受金
400,000
5,000
400,000

解説

 荷為替手形に関する問題です。本問は【仕入勘定から積送品勘定への振り替える仕訳】と【荷為替手形を取り組む仕訳】に分けて考えるといいと思います。

仕入勘定から積送品勘定への振り替える仕訳

 委託先に商品を発送するさいに発生した費用(本問の場合、発送運賃等の諸掛5,000円)を積送諸掛と言いますが、この費用の処理方法は①積送品勘定に含めて処理する方法と②積送諸掛費として別建てで処理する方法の2つがあります。

 本問は問題文で与えられている勘定科目の中に【積送諸掛費】勘定がないので、発送運賃等の諸掛5,000円は、積送品勘定に含めて処理します。

(借)積送品 405,000
 (貸)仕入 400,000
 (貸)現金 5,000

荷為替手形を取り組む仕訳

 委託した商品は、荷為替を取り組んだ時点ではまだ販売されていないので貸方に売上を計上することは出来ません。この場合は、商品代金の前受けとなるので、前受金勘定を使って処理します。

(借)当座預金 395,000
(借)手形売却損 5,000
 (貸)前受金 400,000

 荷為替手形に関する問題は、第110回の問3第115回の問2第118回の問3第122回の問2第131回の問2第133回の問1第134回の問2でも出題されています。



ページの先頭へ