第114回日商簿記検定3級・仕訳類題1(商品券)

仕訳問題(類題)

 商品券を精算するため、当店が保有している他店商品券 ¥ 100,000 と他店の保有している当店発行の商品券 ¥ 120,000 とを交換し、差額については現金で決済した。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 未収入金 他店商品券
前払金 商品券 売上 仕入

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品券 120,000 他店商品券
現金
100,000
20,000

解説

 商品券の精算に関する問題です。

 「当店が保有している他店発行の商品券」と「他店の保有している当店発行の商品券」とを交換すると、他店発行の商品券の額面金額を受け取る権利が消滅するとともに、当店発行の商品券の額面金額を支払う義務も消滅します。

 よって、他店商品券勘定・商品券勘定を減額します。

 なお、本問のように商品券の額面金額が異なる場合は、別途、現金等で差額を調整します。問題文に「差額については現金で決済した」とあるので、現金勘定を20,000円(=120,000円-100,000円)減額しましょう。

 商品券に関する問題は、第103回の問4第104回の問3第118回の問5第120回の問2第124回の問1第129回の問3第138回の問5第145回の問2でも出題されていますが、本問(商品券の精算)と上記のいずれかの問題(商品券の授受)が解ければ、簿記3級の商品券対策はじゅうぶんです。



ページの先頭へ