第110回日商簿記検定2級・仕訳類題1(固定資産の修繕)

仕訳問題(類題)

重要度:★★★ 難度:★☆☆

 相良商店は、建物の修繕と改修の工事を行い、代金 ¥ 5,000,000 は月末に支払うこととした。なお、工事代金のうち ¥ 3,000,000 は建物の耐用年数を延長させる支出であり、残額は定期修繕のための支出である。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 前払金 未収入金
建物 前受金 貯蔵品 未払金
備品減価償却累計額 建設仮勘定 修繕費 固定資産除却損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
建物
修繕費
3,000,000
2,000,000
未払金 5,000,000

解説

 固定資産の修繕に関する問題です。

 修繕に関する問題は、支出した費用を「収益的支出」と「資本的支出」に分けて処理しましょう。

  • 収益的支出:定期修繕など固定資産の諸機能を維持するための支出 → 修繕費・修繕引当金で処理
  • 資本的支出:耐用年数を延長させたり、その価値を高めるような支出 → 固定資産の増加として処理

 本問はまず、問題文の「工事代金のうち ¥ 3,000,000 は建物の耐用年数を延長させる支出」から、この3,000,000円が資本的支出であることが分かるので、建物の増加として処理します。

①資本的支出
(借)建物 3,000,000
 (貸)未払金 3,000,000

 また、問題文の「残額は定期修繕のための支出である」から、残りの2,000,000円(=5,000,000円-3,000,000円)が収益的支出であることが分かるので、修繕費で費用処理します。

②収益的支出
(借)修繕費 2,000,000
 (貸)未払金 2,000,000

 以上、①②をまとめると解答仕訳になります。

 固定資産の修繕に関する問題は、第100回の問1第102回の問4第111回の問5第115回の問3第119回の問2第123回の問5第124回の問1第132回の問1第137回の問3第139回の問1第139回の問4第141回の問2第147回の問1第149回の問3でも出題されているので、あわせてご確認ください。



ページの先頭へ