第108回日商簿記検定3級・仕訳類題3(仕入取引・手形取引)

仕訳問題(類題)

重要度:★★★ 難度:★☆☆

 商品 ¥ 150,000 を仕入れ、代金のうち ¥ 50,000 は掛けとし、残額は仕入先を名宛人とする約束手形を振り出して支払った。なお、仕入れに要した諸掛 ¥ 4,000 は現金で支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 受取手形 売掛金 立替金
支払手形 買掛金 仕入 支払手数料

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 154,000 買掛金
支払手形
現金
50,000
100,000
4,000

解説

 仕入取引に関する問題です。この問題は【掛け仕入に関する仕訳】【約束手形に関する仕訳】【仕入諸掛に関する仕訳】に分けて考えると分かりやすいです。

掛け仕入に関する仕訳

 通常の掛け仕入なので、50,000円の買掛金を計上するだけです。

解答①
(借)仕入 50,000
 (貸)買掛金 50,000

約束手形に関する仕訳

 問題文に「残額は仕入先を名宛人とする約束手形を振り出して支払った」とあるので、残額の100,000円(=150,000円-50,000円)を支払手形勘定で処理します。

解答②
(借)仕入 100,000
 (貸)支払手形 100,000

仕入諸掛に関する仕訳

 仕入諸掛などの付随費用は、商品を仕入れるさいに不可避的に発生する費用ですので、仕訳を切るさいは仕入勘定に含めて処理します。

商品の仕入原価(154,000円)=購入代価(150,000円)+付随費用(4,000円)

解答③
(借)仕入 4,000
 (貸)現金 4,000

 上記の①②③の仕訳をまとめると解答の仕訳になります。



ページの先頭へ