第105回日商簿記検定3級・仕訳類題3(小口現金)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 月末に、会計係は、小口現金係から本月分の小口現金の支払高について、次のとおり報告を受けたので、ただちに、小切手を振り出して資金の補給をした。ただし、定額資金前渡法を採用している。

  • 通信費:¥ 40,000
  • 消耗品費:¥ 20,000
勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
消耗品費 現金 未収入金 当座預金
前払金 通信費 当座借越 未払金

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
通信費
消耗品費
40,000
20,000
当座預金 60,000

解説

 小口現金に関する問題です。小口現金の仕訳は、【支払いに関する仕訳】と【補給に関する仕訳】に分けて考えると分かりやすいです。

支払いに関する仕訳

 小口現金から支払った経費を計上します。仕訳自体は簡単なので特に問題ないと思います。

①支払いに関する仕訳
(借)通信費 40,000
(借)消耗品費 20,000
 (貸)小口現金 60,000

補給に関する仕訳

 問題文に「ただちに、小切手を振り出して資金の補給をした。ただし、定額資金前渡法を採用している」とあるので、支払額合計60,000円と同額の小切手を振り出して小口現金を補給します。

②補給に関する仕訳
(借)小口現金 60,000
 (貸)当座預金 60,000

 最後に①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。なお、本問は問題文に列挙されている勘定科目に「小口現金」がないので、借方と貸方の小口現金勘定は相殺します

 小口現金に関する問題は、第103回の問2第112回の問4第113回の問5第121回の問4第126回の問2でも出題されているので、あわせてご確認ください。いずれもほとんど同じ形式で出題されています。



ページの先頭へ