第104回日商簿記検定3級・仕訳類題4(立替金)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★☆☆

 従業員に対する今月分の給料 ¥ 300,000 の支払いにさいし、かねて従業員の生命保険料として立て替え払いしていた金額 ¥ 50,000 を差し引き、残額は現金で支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 貸付金 未払金
借入金 仮払金 給料 従業員立替金

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
給料 300,000 従業員立替金
現金
50,000
250,000

解説

 立替金に関する問題です。立て替え時に計上した従業員立替金勘定のうち、入金のあった分について現金勘定に振り替えるだけの簡単な問題ですが、本問のように「既に切られた仕訳を前提とする問題」は、実際に仕訳を書き出して考えてみると分かりやすいです。

参考:立て替え時の仕訳(既に切られた仕訳)
(借)従業員立替金 50,000
 (貸)現金 50,000
解答の仕訳(立替金に関する部分)
(借)現金 50,000
 (貸)従業員立替金 50,000

勘定科目にご注意を!

 解答の勘定科目については、特に指定が無い場合は「立替金」勘定でも「従業員立替金」勘定でもどちらでもOKですが、本試験では、問題で列挙されている勘定科目の中からどちらかを選ぶようにしてください。

 立替金がメインの問題は、第113回の問2第126回の問3でも出題されているので、本問とセットで押さえておいてください。なお、取引の時系列的には「第113回の問2第126回の問3・本問」という流れになります。



ページの先頭へ