第102回日商簿記検定3級・仕訳類題5(有価証券の売却・未収入金)

仕訳問題(類題)

 保有している松雪物産株式会社の株式2,000株(取得原価:1株について ¥ 1,000 、前期末における時価が1株について ¥ 800 であったので、評価替えをし帳簿価額を修正済みで、この評価差額は切放法で処理する方法を採用している)を1株について ¥ 900 で売却し、代金は月末に受け取ることにした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
当座預金 未収入金 有価証券売却益 売掛金
有価証券 未払金 現金 有価証券売却損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収入金 1,800,000 有価証券
有価証券売却益
1,600,000
200,000

解説

 有価証券の売却・未収入金に関する問題です。

 帳簿価額と売却価額との差額を売却損益で処理しますが、帳簿価額は前期末に評価替えされているので、帳簿価額は取得時の単価(@1,000円)ではなく、前期末の時価(@800円)で計算しましょう。

  • 帳簿価額=@800円×2,000株=1,600,000円
  • 売却価額=@900円×2,000株=1,800,000円
  • 貸借差額=1,800,000円-1,600,000円=200,000円(帳簿価額<売却価額→売却

 なお、売却代金はまだ受け取っていないので、未収入金で処理します。

 有価証券の売却に関する問題は、第110回の問1第116回の問5第118回の問1第123回の問4第126回の問4第131回の問1第142回の問4第147回の問5でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ