第101回日商簿記検定3級・仕訳類題5(消耗品)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★☆☆

 決算にさいし、購入時に消耗品費として処理してあった事務用品 ¥ 50,000 のうち、未使用残高が ¥ 10,000 あった。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 前払金 備品 消耗品
繰越商品 消耗品費 仕入 当座預金

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
消耗品 10,000 消耗品費 10,000

解説

 消耗品に関する問題です。

 本問は、問題文の「購入時に消耗品費として処理してあった事務用品 ¥ 50,000 」から、消耗品購入時に以下のような仕訳を切っていたことが分かります。

(借)消耗品費 50,000
 (貸)現金など 50,000

ではついでに、消耗品の購入時に「資産計上」した場合の仕訳も確認してみましょう。購入時に費用計上した場合と大きく異なる点は、決算期末に消費した分を費用計上する点です。仕訳は以下のようになります。

消耗品取得時の仕訳
(借)消耗品 50,000
 (貸)現金など 50,000
決算期末において、未使用残高が10,000円あった場合の仕訳
(借)消耗品費 40,000
 (貸)消耗品 40,000

 ポイントは、決算時に振り替える額が未費消分なのか既費消分なのかという違いです。簡単にまとめておきますので、この論点についてはこの場で理解するようにしてください。

まとめ

  • 消耗品を購入時に資産(消耗品勘定)処理する場合
    • 購入時…支出額を消耗品勘定で認識
    • 決算時…既費消分を消耗品費勘定で認識
  • 消耗品を購入時に費用(消耗品費勘定)処理する場合
    • 購入時…支出額を消耗品費勘定で認識
    • 決算時…未費消分を消耗品勘定で認識

 消耗品に関する問題は、第118回の問4第144回の問3でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ