簿記初級の試験情報と合格率データ

簿記初級の試験情報

試験科目 制限時間 合格基準 試験料
商業簿記 40分 70%以上 2,200円(税込)

 簿記初級は、簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解し、業務に活用することができるかを問う、簿記の入門的な位置づけの試験です。2017年4月から全国各地の試験会場で受験できるようになりました。

 原価計算初級と同様、試験会場に用意されているパソコンを使って問題を解いたあと、その場で採点・合否の判定が行われるのが一番の特徴です。

 また、試験会場となる全国各地の「商工会議所ネット試験施行機関」が、それぞれ独自に試験日を決める形になっているので、受験生はその中から都合の良い日時・会場を選んで受験することができるのも大きな特徴です。

 試験科目は商業簿記の1科目で、制限時間は40分、合格ラインは100点満点中70点以上です。また、受験資格は特にないため、誰でも受験することができます。

消費税率の変更にともない、2019年10月から受験料が値上げされます(2,160円→2,200円)

簿記初級と他級との相違点

簿記初級 原計初級 簿記3級 簿記2級 簿記1級
試験形式 パソコン パソコン
試験科目 商業簿記 原価計算 商業簿記 商業簿記
工業簿記
商業簿記
会計学
工業簿記
原価計算
試験時間 40分 40分 120分 120分 180分
合格基準 70点 70点 70点 70点 70点
受験料(税込) 2,200円 2,200円 2,850円 4,720円 7,850円
試験日 随時 随時 年3回
(6・11・2月)
年3回
(6・11・2月)
年2回
(6・11月)
合格発表 当日 当日 8日後~ 8日後~ 約50日後
合格証 カード カード 賞状 賞状 賞状

足切り制度:4科目のうち1科目でも40%に満たない(10点未満)科目がある場合は、合計が70点以上でも不合格になります。

簿記初級の試験範囲

 簿記初級では、大きく分けて「簿記の基本原理」「期中取引の処理」「月次の集計」の3つが問われます。それぞれの細かい内容は、公式サイトで公表されているPDFをご確認ください。

  • 簿記の基本原理:基礎概念、取引、勘定、帳簿、証ひょうと伝票
  • 期中取引の処理:現金預金、売掛金と買掛金、その他の債権と債務、手形、商品、固定資産、純資産(資本)、収益と費用、税金
  • 月次の集計:試算表(残高・合計・合計残高)の月次集計、資産総額や負債総額等の金額の読み取り

 なお、従来の簿記4級(※2016年度をもって廃止)で問われていた「6桁試算表の作成問題」や「帳簿の締め切り」などの決算処理は試験範囲から外れました。

簿記初級の出題論点と点数配分

 試験問題は、第1問(30点)・第2問(40点)・第3問(30点)の3部構成になっています。公式サイトにサンプル問題がアップされているので、興味のある方は一度ご確認ください。

  • 第1問(30点):四肢択一の理論問題(10問)
  • 第2問(40点):仕訳問題(10問)
  • 第3問(30点):試算表の金額推定問題

簿記初級のおすすめテキスト

 現時点で市販されているテキストは「スッキリわかる日商簿記初級(TAC出版)」と「土日で合格る日商簿記初級(中央経済社)」の2冊です。

 両方とも買って中身を確認しましたが、どちらも手を抜かずにきちんと作られており、甲乙つけがたい出来になっています。

 個人的には価格の安いTAC出版のほうをおすすめしますが、教材には合う・合わないがあります。可能であれば書店等で2冊の内容を確認したうえで、自分に合いそうなほうをお買い求めください。

テキストの表紙
テキストの表紙
テキストの中身
テキストの中身
★現行試験に対応しています。
基本テキスト
スッキリわかる 日商簿記初級 第2版
簿記初級教材(スッキリ)
TAC直販(15%オフ:918円)
Amazon(定価:1,080円)
楽天ブックス(定価:1,080円)
土日で合格る(うかる)日商簿記初級 第2版
簿記初級教材(大原)
Amazon(定価:1,296円)
楽天ブックス(定価:1,296円)

簿記初級のQ&A

 簿記検定ナビ内の「日商簿記初級に関するQ&A」ページで詳しくまとめています。

  1. 簿記初級とはどのような試験ですか?
  2. 簿記初級の受験料はいくらですか?
  3. 簿記初級を受験する必要はありますか?
  4. 簿記初級はどこで受験することができますか?試験日は決まっていますか?
  5. 簿記初級を受験するためにはどのように申し込めばいいですか?
  6. 簿記初級の試験時間は何分ですか?合格点は何点ですか?
  7. 試験当日に必要な持ち物はなんですか?
  8. 簿記初級の試験の流れはどんな感じですか?
  9. 試験問題は周りの人と同じですか?
  10. 自分のパソコンを持ち込んで受験することはできますか?
  11. パソコンの操作に不安があります。事前に練習することはできますか?
  12. 簿記初級の合否の発表はいつ、どのような形で行われますか?
  13. 合格した場合、その場で合格証がもらえますか?

簿記初級の受験者数・合格率

 2017年4月1日から2019年6月30日までの受験者数・合格者数は以下のとおりです。

期間 受験者数 合格者数 合格率
2017年4月1日~2018年3月31日 4,167名 2,243名 53.83%
2018年4月1日~2019年3月31日 4,182名 2,421名 57.89%
2019年4月1日~2019年6月30日 1,088名 667名 61.31%

簿記初級の受験体験記

2017年5月1日

 日商の公式サイトの「商工会議所ネット試験施行機関」で検索したところ、「日本商工会議所 芝大門事務所」で5月11日に行われる回に空きがあったのでそのまま申し込みました。

 その後、自動返信メールが届きました。メールには、受験料は試験当日に現金で支払うことや身分証明書を持参すること、試験会場の案内などが書かれていました。

2017年5月11日

 その後は特になにもないまま試験日を迎えました(※受験票は送られてきません)。

18時45分

 試験会場に到着。地下1階の試験会場の入り口で受験料2,160円を支払い、商工会議所検定ガイドと予め用意されていた名前入りの領収書を受け取ります。

 指定された席にはノートパソコンが置かれていて、デスクトップ画面には試験で使う「商工会議所 ネット試験システム.exe」ファイルとゴミ箱があるだけ。また、キーボードの上に試験番号と認証パスワードが書かれたメモ用紙が置かれていました。

 今回の受験者は12人。男女比はだいたい半々ぐらいで、年齢層は20代~50代ぐらいまでと結構バラバラ。テキストを持ってきて最後の確認をしている人は1人ぐらいしかいませんでした。

19時

 試験監督がPCの操作方法や注意事項などを読み上げます。日商PC検定の説明もあったから、もしかしたら同時に行われていたのかも。

 デスクトップに置かれていたネット試験システムを立ち上げ、メモ用紙に書かれていた試験番号と認識パスワードを入力し、さらに名前や住所、生年月日等を入力していく。

 すべての入力が完了すると試験開始ボタンが現れるので、あとは各自のタイミングで試験を始める形になります。なお、受験生ごとに異なる「残り解答時間」は常にPCに表示されます。

19時7分

 試験開始!

 第1問は、理論の選択問題(30点満点・全10問)。初級なのに結構難しいじゃないか…。

 第2問は、仕訳問題(40点満点・全10問)。2級からしか出てこない電子記録債権なども登場。各仕訳の難度は、すごく簡単なものもあれば、簿記3級レベルのものもあるって感じ。あと、3桁ごとに自動的にカンマが付くのはとっても便利ですね。

 第3問は、試算表の金額推定問題(30点満点)。資本金の金額が空欄になっているので、各自で推定する必要がある問題。うっかり負債総額に減価償却累計額を含めそうになる。危ない危ない。

19時25分

 ひととおり解き終える。見直しは…まぁいっかと思い、最後に印刷ボタンをクリック。

 画面上に試験結果が表示され、合格・不合格とともに各問題の点数が表示されます。

  • 第1問:21点
  • 第2問:40点
  • 第3問:30点
    • 合計:91点

 91点…どこを間違えたんだろう?なお、簿記初級の試験では点数が表示されるだけで、どの問題を間違えたのかは教えてもらえません。

 その後、試験結果が印刷された紙をもらって試験終了。お疲れ様でした。

試験結果
試験結果

2017年6月7日

 普通郵便で合格証が送られてきました。カード形式の合格証は、すごくチーp…シンプルなデザインです。

合格証1
送られてきた封筒
合格証2
送付案内と合格証


ページの先頭へ