簿記3級の試験情報と合格率データ

簿記3級の試験情報

試験科目 制限時間 合格基準 試験料
商業簿記 2時間 70%以上 2,570円(税込)

 簿記3級を学習すると、経理・事務等の財務担当者に必須の「会計の基本知識」が身につき、商店・中小企業の経理事務に役立ちます。また、最低限レベルではありますが経理関連書類の読み取りが出来るようになるので、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになります。最近では、経理部門だけでなく営業・管理部門でも必要な知識として日商簿記検定を評価する企業が増えています。

 試験は商業簿記の1科目で、合格ラインは100点満点中70点以上です。毎年、2月と6月と11月に実施されます(年3回)。

簿記3級の試験日情報

  • 第137回 日商簿記検定・・・2014年06月08日(
  • 第138回 日商簿記検定・・・2014年11月16日(
  • 第139回 日商簿記検定・・・2015年02月22日(

簿記3級の合格率

第100回試験~第136回試験の合格率データ

  • 38.6%(平均合格率)
  • 37.0%(6月試験の平均合格率)
  • 39.9%(11月試験の平均合格率)
  • 39.0%(2月試験の平均合格率)
  • 58.3%(最高合格率・第110回試験)
  • 13.7%(最低合格率・第107回試験)

 第100回試験~第136回試験の合格率データをまとめました。第110回試験の合格率58.3%と第107回試験の合格率13.7%には40ポイント以上の開きがありますが、簿記3級は相対評価ではなく絶対評価(合計点が70点以上)で合否が決まるので、問題が難しすぎたり易しすぎたりすると極端な合格率になることがあります。

 なお、試験月別の合格率は【11月試験>2月試験>6月試験】となっており、6月試験の合格率が一番低くなっています。ちなみに簿記3級は日商簿記検定の中で一番、受験者数・合格者数が多い級で、毎年10万人前後の合格者が出ています。

 最後に、受験者数の増減については、第126回試験までは順調に右肩上がりで増えていましたが、第127回試験~第132回試験は震災や資格ブームの沈静化の影響をもろに受けてしまい、前年比ですごいマイナスになりました。

 その後、第133回・第134回試験は2回連続で前年同月比プラス(102.0%と102.6%)に転じ、ようやく下げ止まったかな…と思ったのもつかの間、第135回試験では再び前年同月比マイナス(97.8%)になってしまいました。

試験回(試験日) 受験者数 前年同月比 実受験者数 合格者数 合格率
136 (2014.02.23) 99,368名 90.8% 75,049名 30,690名 40.9%
135 (2013.11.17) 119,736名 97.8% 93,781名 45,045名 48.0%
134 (2013.06.09) 110,190名 102.6% 85,585名 29,025名 33.9%
133 (2013.02.24) 109,473名 102.0% 84,846名 33,513名 39.5%
132 (2012.11.18) 122,458名 90.4% 95,847名 30,622名 31.9%
131 (2012.06.10) 107,370名 90.4% 83,409名 34,294名 41.1%
130 (2012.02.26) 107,326名 89.5% 80,887名 39,693名 49.1%
129 (2011.11.20) 135,400名 90.9% 105,106名 52,326名 49.8%
128 (2011.06.12) 118,775名 82.2% 93,091名 34,075名 36.6%
127 (2011.02.27) 119,975名 95.0% 91,077名 27,970名 30.7%
126 (2010.11.21) 148,942名 106.2% 117,180名 52,133名 44.5%
125 (2010.06.13) 144,480名 105.5% 113,269名 31,592名 27.9%
124 (2010.02.28) 126,236名 103.2% 95,092名 17,906名 18.8%
123 (2009.11.15) 140,245名 103.5% 108,429名 53,728名 49.6%
122 (2009.06.14) 136,981名 115.6% 107,000名 44,087名 41.2%
121 (2009.02.22) 122,283名 111.4% 93,453名 52,779名 56.5%
120 (2008.11.16) 135,515名 109.9% 103,333名 41,509名 40.2%
119 (2008.06.08) 118,477名 107.4% 91,522名 26,985名 29.5%
118 (2008.02.24) 109,806名 111.8% 83,112名 31,749名 38.2%
117 (2007.11.18) 123,253名 101.5% 95,895名 29,934名 31.2%
116 (2007.06.10) 110,289名 108.0% 85,872名 36,501名 42.5%
115 (2007.02.25) 98,237名 93.0% 74,059名 26,083名 35.2%
114 (2006.11.19) 121,465名 105.3% 93,890名 42,428名 45.2%
113 (2006.06.11) 102,086名 100.8% 78,640名 27,529名 35.0%
112 (2006.02.26) 105,635名 114.0% 80,570名 37,407名 46.4%
111 (2005.11.20) 115,391名 97.0% 89,482名 19,574名 21.9%
110 (2005.06.12) 101,274名 101.8% 79,825名 46,520名 58.3%
109 (2005.02.27) 92,676名 102.5% 70,262名 22,355名 31.8%
108 (2004.11.21) 118,961名 106.3% 94,581名 40,361名 42.7%
107 (2004.06.13) 99,529名 96.8% 79,163名 10,820名 13.7%
106 (2004.02.22) 90,407名 100.2% 72,277名 35,765名 49.5%
105 (2003.11.16) 111,952名 105.2% 90,469名 37,025名 40.9%
104 (2003.06.08) 102,865名 107.7% 84,309名 25,299名 30.0%
103 (2003.02.23) 90,269名 104.3% 72,508名 20,183名 27.8%
102 (2002.11.17) 106,413名 - 85,612名 27,787名 32.5%
101 (2002.06.09) 95,522名 - 77,664名 41,916名 54.0%
100 (2002.02.24) 86,574名 - 70,143名 29,992名 42.8%

▲ページの先頭に戻ります