貸借差額が合わなかった時の電卓テクニック

【電卓の使い方】貸借差額が合わなかった時の電卓テクニック

 総合問題を解いた際、最後の合計金額の貸借が一致しないことが多々あると思います(逆に一致するとすごい達成感がありますよね・笑)が、今回は貸借が一致しない場合にすべき電卓操作をご紹介します。

二重転記ミスが不一致の原因の場合

 例えば、売掛金10,000円を現金で回収したという取引があった場合、以下のような仕訳を切ります。

(借)現金 10,000
 (貸)売掛金 10,000

 ここで仮に、上記の仕訳を帳簿に転記する際に貸方の売掛金を間違って借方に計上してしまったとします。いわゆる【二重転記ミス】というやつです。この場合は貸借は一致せずに、借方が貸方よりも20,000円多くなることになります(貸方に計上されるべき10,000円が借方に計上されているから)

 そこで、合計金額の残高が一致しない場合は、まず差額を2で割ってみてください。今回の例題の差額は20,000円ですから、20,000円÷2=10,000円となりますので、処理した仕訳の中から10,000円の仕訳を探し、その仕訳が正しく帳簿に転記されているかをチェックします。

 【二重転記ミス】が貸借不一致の原因だった場合は、この方法により間違った処理を見つけることが出来ますが、10,000円のところを1,000円と記入してしまうような【ケタ違いミス】の場合は間違った処理に辿り着くことが出来ませんので、次のステップに移ることになります。

ケタ違いミスが不一致の原因の場合

 例えば、売掛金10,000円を現金で回収したという取引があった場合、以下のような仕訳を切ります。

(借)現金 10,000
 (貸)売掛金 10,000

 ここで仮に、上記の仕訳を帳簿に転記する際に貸方の売掛金の金額を10,000円ではなく1,000円と記入してしまったとします。これがいわゆる「ケタ違いミス」というやつです。この場合は貸借は一致せずに、借方が貸方よりも9,000円多くなることになります(貸方に計上されるべき10,000円が1,000円しか計上されていないから)

 そこで、合計金額の残高が一致しない場合は、差額を9で割ってみてください。今回の例題の差額は9,000円ですから、9,000円÷9=1,000円となりますが、このように差額が9で割り切れる場合は【ケタ違いミス】の可能性が高いです。

 この場合は、処理した中からまず1,000円の仕訳を探してチェックし、特に見当たらない場合はその前後にあたる100円&10,000円という感じで桁をずらしてチェックしていき、怪しい仕訳を見つけたら、当該仕訳が正しく帳簿に転記されているかをチェックします。

 【ケタ違いミス】が貸借不一致の原因だった場合は、この方法により間違った処理を見つけることが出来ると思います。


 貸借が一致しない原因の多くは【二重転記ミス】か【ケタ違いミス】ですので、まずは貸借差額を2で割ってチェックし、それでも原因が判明しない場合は貸借差額を9で割ってチェックするようにしてください。意外と使えるテクニックですので、覚えておいて損はないと思います。



簿記電卓の選び方講座

簿記電卓の使い方講座

ページの先頭へ