簿記ナビ模試のご案内

 第149回日商簿記3級の予想問題「簿記ナビ模試」は、簿記検定ナビのサイト内で無料配布しています。会員登録等は一切不要で、問題用紙・答案用紙・解答の各PDFファイルをワンクリックで簡単にダウンロードしてお使いいただけます。




第5問(精算表)の解説

 難度・ボリュームともに平均レベルの精算表作成問題です。

 慣れるまでは、まず下書用紙に決算整理事項等の仕訳を書いて、それを答案用紙の修正記入欄に移記し、その後、損益計算書欄と貸借対照表欄を完成させる…という解答手順をおすすめします。

 慣れてきたら、仕訳を下書用紙に書かずに頭の中で考え、答案用紙の修正記入欄に直接、金額を書き込んでいきましょう。私は毎回この方法で精算表の問題を解いています。

 慣れるまでは時間が余計にかかって大変だと思いますが、何度も練習していくうちにコツが掴めてくるはずです。マスターすれば大きな武器になりますので、余裕がある方はぜひ挑戦してみてください。

1. 現金過不足

(借)現金過不足 5,000
(借)広告宣伝費 3,200
 (貸)受取手数料 6,800
 (貸)雑益 1,400 ※1

※1 5,000円+3,200円-6,800円=1,400円(貸借差額)

 現金過不足5,000円のうち、原因が判明した広告費と受取手数料については適切な勘定科目に振り替え、原因が判明しなかった残りの1,400円(貸方残)については雑益に振り替えます。

2. 売掛金の貸倒れ

(借)貸倒引当金 8,500
(借)貸倒損失 4,900
 (貸)売掛金 13,400 ※2

※2 8,500円+4,900円=13,400円

 前期に発生した売掛金8,500円の貸倒れは貸倒引当金を取り崩して処理し、当期に発生した売掛金4,900円の貸倒れは貸倒損失で処理します。

  • 前期に発生した売掛金:前期末に貸倒引当金を設定済み → 貸倒引当金で処理
  • 当期に発生した売掛金:貸倒引当金を未設定 → 貸倒損失で費用処理

3. 売上戻り

(借)売上 12,000
 (貸)売掛金 12,000

 問題資料では売価(12,000円)と原価(10,000円)が与えられていますが、売上戻りの仕訳に使うのは売価です。原価は5.の売上原価算定の仕訳で使います。

4. 売上原価の算定

(借)売上原価 245,000 ※3
 (貸)繰越商品 245,000
(借)売上原価 1,792,800 ※4
 (貸)仕入 1,792,800
(借)繰越商品 210,000 ※5
 (貸)売上原価 210,000

※3 期首商品棚卸高:245,000円

※4 当期商品仕入高:1,792,800円

※5 期末商品棚卸高:200,000円+10,000円=210,000円

 問題文に「期末商品棚卸高は ¥ 200,000 である。なお、この期末商品棚卸高には上記の返品分は含まれていない」とあるので、仕訳に使う期末商品棚卸高の金額は4.の売上戻りの原価を含めた210,000円(=200,000円+10,000円)になります。

 また、問題文に「売上原価は「売上原価」の行で計算すること」という指示があるので、「仕入」の行で算定するさいの「仕入・繰越商品・繰越商品・仕入」ではなく、「売上原価・繰越商品・売上原価・仕入・繰越商品・売上原価」という仕訳を切ります。

 売上原価勘定で売上原価を算定する場合の仕訳は、6個の勘定科目の頭文字をとった「浮く牛食う(うくうしくう)」という語呂で覚えてしまいましょう。

5. 貸倒引当金の設定

(借)貸倒引当金 1,900 ※6
 (貸)貸倒引当金戻入 1,900

※6 (459,600円+545,800円-13,400円-12,000円)×4%-(30,000円-8,500円)=▲1,900円

 貸倒引当金の設定にあたっては、まず受取手形と売掛金の期末残高を把握する必要があります。上の1.~4.で切った仕訳の中から、受取手形と売掛金の増減をピックアップして答案用紙の修正記入欄に記入し、他の勘定科目に先立って期末残高を算定しましょう。

  • 受取手形の期末残高:459,600円
  • 売掛金の期末残高:545,800円-13,400円-12,000円=520,400円

 計算の結果、受取手形と売掛金の期末残高がそれぞれ459,600円、520,400円と分かるので、合計額980,000円に2%を掛けて貸倒引当金要設定額を算定します。

(459,600円+520,400円)×2%=19,600円

 さらに、本問は差額補充法を採用しているので、3.の前期発生売掛金の貸倒れを加味した「貸倒引当金の残額」と「貸倒引当金要設定額」との差額を貸倒引当金繰入(または戻入)で調整します。

  • 貸倒引当金の残額<貸倒引当金要設定額の場合:貸倒引当金繰入を計上して貸倒引当金の金額を増やす
  • 貸倒引当金の残額>貸倒引当金要設定額の場合:貸倒引当金戻入を計上して貸倒引当金の金額を減らす
  • 本問は…?
    • 貸倒引当金の残額:30,000円-8,500円=21,500円
    • 貸倒引当金要設定額:19,600円

 本問は「貸倒引当金の残額>貸倒引当金要設定額」になるので、差額の1,900円について貸倒引当金戻入を計上して貸倒引当金の金額を減らします。

 なお、貸倒引当金の設定に関しては、下の画像のように「受取手形と売掛金の期末残高を把握 → 貸倒引当金要設定額の計算 → 貸倒引当金の調整」まで一気にやってしまうと効率的です。

貸倒引当金の設定手順

6. 減価償却

(借)減価償却費 290,000
 (貸)建物減価償却累計額 90,000 ※7
 (貸)備品減価償却累計額 200,000 ※8

※7 2,700,000円÷30年=90,000円

※8 800,000円÷4年=200,000円

 建物・備品ともに1年分の減価償却費を計算するだけです。

7. 給料の未払い

(借)給料 49,000
 (貸)未払給料 49,000

 給料の未払分を計上するだけです。

8. 保険料の前払い

(借)前払保険料 27,000 ※9
 (貸)保険料 27,000

※9 @4,500円×6か月=27,000円

 保険料の前払いについては「答案用紙の残高試算表の金額は何か月分なのか」をきちんと把握できるかどうかがカギになります。

 3級の本試験では、本問のような「毎年一定額を支払っている場合」と「当期から払い始めた場合・単発で支払った場合」のどちらかが問われますが、前者の場合は前期末の仕訳から順番に考えていくと分かりやすいです。

参考仕訳:前期末の仕訳
(借)前払保険料 6か月分の保険料
 (貸)保険料 6か月分の保険料

 上記の仕訳の金額部分の「6か月分の保険料」というのは、当期の1月1日から6月30日までの6か月分の保険料を意味します。この時点では具体的な金額が分からないので、暫定的に「6か月分の保険料」としています。次に、この仕訳を参考にして当期首の再振替仕訳を考えます。

参考仕訳:1月1日(当期首)の仕訳
(借)保険料 6か月分の保険料
 (貸)前払保険料 6か月分の保険料

 上記の仕訳については、前期末の仕訳の逆仕訳をするだけです。では次に、7月1日(保険料支払日)の仕訳を考えてみましょう。

参考仕訳:7月1日に1年分の保険料を支払った時の仕訳
(借)保険料 12か月分の保険料
 (貸)現金など 12か月分の保険料

 この結果、答案用紙の残高試算表に記載されている保険料81,000円というのは、6か月分の保険料+12か月分の保険料=18か月分の保険料の金額ということになり、81,000円を18か月で割ると、1か月あたりの保険料が4,500円であることが分かります。

 1か月あたりの保険料を算定できたら、最後に、本問で問われている保険料の前払いの仕訳を考えます。この仕訳の金額については今までのように「~か月分の保険料」という形ではなくて、1か月あたりの保険料を元に計算した金額を記入します。

 具体的には、6か月分の費用の前払い処理を行うので、1か月あたりの保険料4,500円×6か月=27,000円と計算します。

 この仕訳を切ることによって、答案用紙の残高試算表に18か月分計上されていた「保険料」が12か月分に訂正され、損益計算書に正しい金額54,000円(=@4,500円×12か月)が計上されます。

 以下の画像は、私が実際に問題を解いたさいに書いた下書きです。このようなシンプルな下書きを書いて、1か月あたりの保険料の金額を把握しましょう。

保険料の繰延べの下書き

9. 家賃の前受け

(借)受取家賃 9,000 ※10
 (貸)前受家賃 9,000

※10 18,000円÷2か月=9,000円

 問題文の「奇数月の月末にむこう2か月分として ¥ 18,000 を受け取っている」から、直近では11月末にむこう2か月分(12月分・1月分)を受け取っているので、翌期に属する1月分を家賃の前受けとして前受家賃に振り替えます。

 この仕訳を切ることによって、答案用紙の残高試算表に13か月分計上されていた「受取家賃」が12か月分に訂正され、損益計算書に正しい金額108,000円(=@9,000円×12か月)が計上されます。

まとめ

 解説は以上です。

 貸倒引当金の設定や売上原価算定の処理はやや難しかったかもしれませんが、全体的には難度・ボリュームともに標準レベルの問題です。満点が取れるまで何度も繰り返し解いてください。

簿記ナビ模試3級の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
普通 普通 難しい 簡単 普通
5分 10分 15分 40分 5分 35分 10分