簿記ナビ模試のご案内

 第149回日商簿記3級の予想問題「簿記ナビ模試」は、簿記検定ナビのサイト内で無料配布しています。会員登録等は一切不要で、問題用紙・答案用紙・解答の各PDFファイルをワンクリックで簡単にダウンロードしてお使いいただけます。




第3問(残高試算表)の解説

 残高試算表の作成問題です。

 二重取引を考慮する必要のない試算表の解答方法は、「いったん取引の仕訳を全て下書きしたうえで金額を集計する方法」と「仕訳を書かずにT勘定を使って解く方法」の2つがありますが、本問のように処理すべき量が多い問題は後者のT勘定を使って解く方法をおすすめします。

  • T勘定を使って解く方法のメリット
    • マスターすれば早く解ける
    • 集計漏れが減る(ケアレスミスが減る)
    • なんかカッコいい(意外と大事)
  • T勘定を使って解く方法のデメリット
    • 慣れるまでは逆に時間がかかる

 頭の中で仕訳を考えて各T勘定に金額を入れていく形になるので、慣れるまでは時間がかかってしまいますが、一度マスターすれば大きな武器になります。本問を使って「仕訳を書かずにT勘定を使って解く方法」をマスターしてください。

T勘定を使って解く方法の解答手順

 頻出する9勘定(現金・普通預金・当座預金・受取手形・売掛金・支払手形・買掛金・仕入・売上)についてT勘定を設定して集計しましょう。その他の勘定科目は「その他」勘定に記入・集計します。

 まず、下書用紙に9つの勘定+その他勘定を書きます。

第3問の下書き1
第3問の下書き1(PDF版

 次に、前月末(平成30年2月28日)時点の各勘定の金額を記入します。答案用紙の決算整理前残高試算表から金額をひっぱってきましょう。

第3問の下書き2
第3問の下書き2(PDF版

 【資料Ⅰ】の各日の取引を頭の中で仕訳して、9つの勘定に記入していきます。

 なお、本問は売掛金と買掛金に関しては明細表を作成する必要があるので、下書きの売掛金勘定・買掛金勘定に金額を書き込むさいにはどの商店の増減なのかひと目で分かるようにしておくのがポイントです。

  • 売掛金
    • :斎藤商店
    • :朝倉商店
  • 買掛金
    • :浅井商店
    • :徳川商店

 また、「その他」勘定に記入するさいは、勘定科目を可能なかぎり省略してスピードアップを図りましょう。簿記検定ナビでは、勘定科目の省略パターン一覧表ページで勘定科目の短縮例などをまとめております。興味のある方は一度ご確認ください。

第3問の下書き3
第3問の下書き3(PDF版

 最後に9つの勘定を締め切ります。なお、本問は残高試算表を作成する問題なので、各勘定を締め切るさいには残高のみを求めましょう。

第3問の下書き4
第3問の下書き4(PDF版

 なお、「その他」勘定は締め切り不要です。答案用紙の2月28日現在の金額に、「その他」勘定に計上した金額を反映させて、3月31日現在の金額を求めましょう。

合計試算表・合計残高試算表の場合の下書きの締め切り方

 仮に、本問の解答要求が合計試算表・合計残高試算表の場合は、以下のように締め切ると分かりやすいです。上で紹介している残高試算表の締め切り方とあわせて押さえておきましょう。

合計試算表のT勘定の締め切り方
合計試算表のT勘定の締め切り方(PDF版

合計残高試算表のT勘定の締め切り方
合計残高試算表のT勘定の締め切り方(PDF版

平成30年3月中の仕訳一覧

平成30年3月1日の仕訳
(借)普通預金 80,000
 (貸)受取手形 80,000
平成30年3月5日の仕訳
(借)通信費 4,100
(借)租税公課 2,000
 (貸)現金 6,100
平成30年3月7日の仕訳
(借)当座預金 294,000
(借)支払利息 6,000 ※1
 (貸)借入金 300,000

※1 300,000円×4%×6か月/12か月=6,000円

平成30年3月11日の仕訳
(借)仕入 100,000 ※2
 (貸)支払手形 79,000
 (貸)買掛金・徳川 20,000
 (貸)現金 1,000

※2 購入代価99,000円+引取運賃1,000円=100,000円

 仕入諸掛りの処理がポイントです。本問のように特に指示がない場合は当店負担と考えて、仕入原価に含めて処理しましょう。

  • 仕入時の諸掛り
    • 当店負担:仕入原価に含めて処理
    • 仕入先負担:立替金で処理or買掛金から差し引いて処理
  • 売上時の諸掛り
    • 当店負担:発送費などで費用処理
    • 得意先負担:立替金で処理or売掛金に含めて処理
平成30年3月12日の仕訳
(借)仕入 92,000
 (貸)前払金 22,000
 (貸)買掛金・浅井 65,000 ※3
 (貸)現金 5,000

※3 70,000円-5,000円=65,000円

 仕入諸掛りの処理がポイントです。先方(仕入先)負担の場合は、立替金もしくは買掛金で処理しますが、問題文に「掛け代金から差し引いた」という指示があるので、買掛金から差し引いて処理しましょう。

平成30年3月14日の仕訳
(借)買掛金・徳川 40,000
 (貸)現金 40,000

 通貨代用証券のひとつである「郵便為替証書」の受取時には現金の増加として処理しているので、手放す時には現金の減少として処理します。

  • 通貨代用証券(帳簿上は現金で処理)
    • 郵便為替証書
    • 期限到来済みの公社債利札
    • 他人振出小切手
    • 配当金領収書
    • 送金小切手
平成30年3月15日の仕訳
(借)旅費交通費 8,000
 (貸)現金過不足 8,000
平成30年3月17日の仕訳
(借)支払手形 65,000
 (貸)当座預金 65,000
平成30年3月18日の仕訳
(借)受取手形 88,000
(借)売掛金・斎藤 94,000
 (貸)売上 182,000
(借)発送費 3,000
 (貸)現金 3,000

 売上諸掛りの処理がポイントです。当店負担の場合は、発送費で費用処理します。

平成30年3月20日の仕訳
(借)前受金 80,000
(借)売掛金・朝倉 74,000 ※4
 (貸)売上 150,000
 (貸)現金 4,000

※4 70,000円+4,000円=74,000円

 売上諸掛りの処理がポイントです。先方(得意先)負担の場合は、立替金もしくは売掛金で処理しますが、問題文に「掛け代金に含めて処理した」という指示があるので、売掛金に含めて処理しましょう。

平成30年3月21日の仕訳
(借)仕入 47,000 ※5
 (貸)買掛金・徳川 45,000
 (貸)現金 2,000

※5 購入代価45,000円+引取運賃2,000円=47,000円

 仕入諸掛りの処理がポイントです。本問のように特に指示がない場合は当店負担と考えて、仕入原価に含めて処理しましょう。

平成30年3月22日の仕訳
(借)売上 6,000
 (貸)売掛金・朝倉 6,000

 売上戻りです。問題文に「同店に対する売掛金と相殺した」とあるので、売上と売掛金を相殺しましょう。

平成30年3月24日の仕訳
(借)支払手形 80,000
(借)売掛金・斎藤 85,000
 (貸)売上 165,000
(借)発送費 2,500
 (貸)現金 2,500

 売上諸掛りの処理がポイントです。当店負担の場合は、発送費で費用処理します。

 また、当店振り出しの約束手形を回収することにより手形代金の支払義務が消滅するので、支払手形の減少として処理します。

  • 他店振り出しの約束手形を受取 → 手形代金の受取権利が発生 → 受取手形の増加
  • 当店振り出しの約束手形を回収 → 手形代金の支払義務が消滅 → 支払手形の減少
平成30年3月25日の仕訳
(借)給料 200,000
 (貸)従業員立替金 25,000
 (貸)所得税預り金 5,000
 (貸)普通預金 170,000
平成30年3月26日の仕訳
(借)買掛金・徳川 3,000
 (貸)仕入 3,000

 仕入戻しです。問題文に「同店に対する買掛金と相殺することとした」とあるので、仕入と買掛金を相殺しましょう。

平成30年3月27日の仕訳
(借)買掛金・浅井 51,000
 (貸)当座預金 51,000
平成30年3月28日の仕訳
(借)現金 80,000
 (貸)売掛金・斎藤 80,000

売掛金明細表と買掛金明細表

2月28日の金額

答案用紙の売掛金明細表と買掛金明細表

 空欄になっている「2月28日時点の売掛金の合計額」は、答案用紙の決算整理前残高試算表の2月28日現在の「売掛金 310,800」から、そのまま金額をひっぱってきましょう。

 また、空欄になっている「2月28日時点の斉藤商店に対する売掛金の金額」は、上述の合計額310,800円から朝倉商店に対する売掛金210,800円を差し引いて求めましょう。

  • 斎藤商店:310,800円-210,800円=100,000円
  • 朝倉商店:210,800円
    • 売掛金の合計額:310,800円(決算整理前残高試算表の2月28日現在の金額)

 空欄になっている「2月28日時点の買掛金の合計額」は、答案用紙の決算整理前残高試算表の2月28日現在の「買掛金 359,400」から、そのまま金額をひっぱってきましょう。

 また、空欄になっている「2月28日時点の徳川商店に対する買掛金の金額」は、上述の合計額359,400円から浅井商店に対する売掛金150,000円を差し引いて求めましょう。

  • 浅井商店:150,000円
  • 徳川商店:359,400円-150,000円=209,400円
    • 買掛金の合計額:359,400円(決算整理前残高試算表の2月28日現在の金額)

3月31日の金額

解答用紙の売掛金明細表と買掛金明細表

 2月28日時点の金額に3月中に動いた金額を加減して、3月31日時点の金額を求めましょう。

  • 斎藤商店:100,000円+94,000円+85,000円-80,000円=199,000円
  • 朝倉商店:210,800円+74,000円-6,000円=278,800円
    • 売掛金の合計額:199,000円+278,800円=477,800円
  • 浅井商店:150,000円+65,000円-51,000円=164,000円
  • 徳川商店:209,400円+20,000円+45,000円-40,000円-3,000円=231,400円
    • 買掛金の合計額:164,000円+231,400円=395,400円

 なお、「3月31日時点の売掛金・買掛金の合計額」は、決算整理前残高試算表の3月31日現在の売掛金・買掛金の金額と一致します。最後に必ず検算するクセを付けましょう。

まとめ

 本問は、何度か出てくる仕入諸掛り・売上諸掛りの処理がやや難しかったかもしれませんが、その他は基本的な処理ばかりです。

 冒頭で紹介した「効率のよい下書きの書き方」を参考にしつつ、短い解答時間で30点満点が取れるようになるまで何度も繰り返し解いてください。

簿記ナビ模試3級の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
普通 普通 難しい 簡単 普通
5分 10分 15分 40分 5分 35分 10分