第147回日商簿記検定3級 難易度アンケート

 第147回日商簿記検定3級を受験された皆様、お疲れ様でした。簿記検定ナビでは難易度アンケートを実施しておりますので、ぜひご協力いただければ幸いです。

 アンケートは各問題ごとに分かれており、投票せずに結果だけ見ることも可能です。結果だけご覧になりたい方は、投票ボタンの下の「結果を見る」をクリックまたはタップしてください。

 なお、試験の感想や質問はページの一番下のコメント欄に気軽に書き込んでください。ひとことでも長文でも構いません。受験生の皆様のコメントをお待ちしております。

第1問(仕訳問題)の難易度は?

結果を見る

Loading ... Loading ...

第2問(商品有高帳)の難易度は?

結果を見る

Loading ... Loading ...

第3問(残高試算表作成)の難易度は?

結果を見る

Loading ... Loading ...

第4問(勘定記入)の難易度は?

結果を見る

Loading ... Loading ...

第5問(精算表作成)の難易度は?

結果を見る

Loading ... Loading ...

全体の難易度は?

結果を見る

Loading ... Loading ...



第147回日商簿記検定3級 解答速報まとめ(問題・解答・解説)

 第147回日商簿記検定3級を受験された皆様、お疲れ様でした!ここから下は、TACや大原などの解答速報情報、各問題のクイック解説を掲載しています。

 なお、試験の感想や質問はページの一番下のコメント欄に気軽に書き込んでください。ひとことでも長文でも構いません。受験生の皆様のコメントをお待ちしております。

各社の模範解答(解答速報)

 各社の模範解答がアップされ次第、こちらの情報を更新します。

 一番左の列の「会社名」をクリックまたはタップすると、各社の模範解答案内ページが別窓で開きます。また、「公開中」をクリックまたはタップすると、各社の模範解答(PDFファイル)が別窓で開きます。

おすすめ解答順序と時間配分

1問→第3問→第5問→第4問→第2

「各問題の配点」と「各問題の難易度」と「時間配分の目安」
配点 難易度 時間配分
準備 5分
1 20点 簡単 10分
3 30点 普通 35分
5 30点 簡単 30分
4 10点 簡単 10分
2 10点 普通 20分
見直し 10分

予想合格率

 合格率は40%~50%ぐらいになりそうです。

 第3問は普通~やや難しめぐらいの難度でしたが、その他の4問はいずれも過去問類似問題で簡単だったため、がんばって勉強した方が順当に合格できる問題だったと思います。

直近の試験の合格率の推移
第142回 第143回 第144回 第145回 第146回 第147回
26.63% 34.21% 45.08% 47.37% 50.95%

解答速報まとめ&難易度アンケート
簿記3級 簿記2級 簿記1級





第1問・仕訳問題(配点20点)

  1. 現金過不足
  2. 租税公課・資本の引き出し
  3. 売上取引・前受金
  4. 再振替仕訳
  5. 有価証券の売却

 5問とも過去問類似問題です。簿記検定ナビの仕訳問題対策等を使ってきちんと仕訳対策をしていた方は、短い解答時間で20点満点が取れたのではないでしょうか。

問1 現金過不足

模範解答
(借)旅費交通費 30,000
(借)雑損 8,000 ※1
 (貸)現金過不足 20,000
 (貸)受取手数料 18,000

※1 20,000円+18,000円-30,000円=8,000円

 現金過不足に関する問題です。

 本問はまず先に借方残の現金過不足を貸方に振り替え、次に記入漏れの旅費交通費30,000円と受取手数料18,000円を計上し、最後に貸借差額で雑損の金額を求めましょう。

問2 租税公課・資本の引き出し

模範解答
(借)租税公課 368,000
(借)資本金 222,000
 (貸)現金 590,000

 租税公課・資本の引き出しに関する問題です。

 「店舗にかかる固定資産税 ¥ 368,000」は、租税公課で費用処理します。

 「店主の所得税 ¥ 222,000」は、会社ではなく店主個人に課せられた税金です。会社が肩代わりして支払った場合は資本の引き出しとして処理します。

 なお、本問は問題に列挙されている勘定科目に資本金がある(=引出金がない)ので、資本金の減少として処理します。うっかり引出金を使わないように気をつけてください。

問3 売上取引・前受金

模範解答
(借)前受金 40,000
(借)売掛金 388,000 ※2
 (貸)売上 428,000
(借)発送費 5,000
 (貸)現金 5,000

※2 428,000円-40,000円=388,000円

 売上取引・前受金に関する問題です。

 売上部分に関しては、前受金で処理していた手付金40,000円を借方に振り替えるとともに、残額を売掛金で処理します。

 当店負担の発送費5,000円は、そのまま発送費で処理します。ちなみに、発送費が得意先負担の場合は売掛金または立替金で処理します。

  • 仕入時の諸掛り
    • 当店負担:仕入原価に含めて処理
    • 仕入先負担:立替金で処理or買掛金と相殺して処理
  • 売上時の諸掛り
    • 当店負担:発送費などで費用処理
    • 得意先負担:立替金で処理or売掛金に含めて処理

問4 再振替仕訳

模範解答
(借)受取利息 36,000
 (貸)未収利息 36,000

 再振替仕訳に関する問題です。

 第1問では約10年ぶりの出題になりましたが、仕訳自体は「前期末の仕訳を考える→貸借を逆にする」だけなので簡単です。前期末の収益の見越しの仕訳を考えたうえで、貸借を逆にしましょう。

参考:前期末の収益の見越しの仕訳
(借)未収利息 36,000
 (貸)受取利息 36,000

問5 有価証券の売却

模範解答
(借)未収入金 1,560,000
 (貸)有価証券 1,540,000
 (貸)有価証券売却益 20,000 ※3

※3 1,560,000円-1,540,000円=20,000円

 有価証券の売却に関する問題です。帳簿価額と売却価額との差額を売却損益で処理しましょう。

  • 帳簿価額:1,540,000円(取得原価)
  • 売却価額:2,000株×@780円=1,560,000円
  • 貸借差額:1,560,000円-1,540,000円=20,000円(売却価額>帳簿価額→売却益)

第2問・帳簿記入(配点10点)

 帳簿記入(商品有高帳)に関する問題です。

 簿記ナビ模試で出題した問題とほとんど同じでびっくりしましたが、難度的には試験問題のほうが易しかったので、きちんと対策してしていた方にとってはボーナス問題だったと思います。


 (1)の商品有高帳の作成は、31日に発生した売上値引の処理がポイントです。

 売上値引は売上の利益部分を差し引く(修正する)だけで商品は動かないので、商品有高帳に記入する必要はありません。


 (2)の純売上高・売上原価・売上総利益の計算は、「純売上高の計算」と「売上値引の処理」がポイントになります。

 まず、純売上高に関しては「総売上高-売上戻り・値引=純売上高」という計算式で金額を求めます。本問は売上戻りは発生してないので、総売上高から売上値引のみを差し引いて計算しましょう。

 次に、売上値引の処理に関しては、問題文に「29日に売り上げた商品のうち10個につき1個当たり ¥ 10 の値引きを行った」とあるので、値引きの対象になるのは10個1個あたりの値引き額は10円と読み取り、売上値引の金額を計算しましょう。

10個×@10円=100円

 この部分の計算については、10個につき10円の値引きと読み取って、売上値引の金額を240円と計算してしまった方が結構いらっしゃるようですが、10個を1個としてカウントするのはちょっと無理があるかと思います。

 ただ、非常に読み取りにくい指示であることは確かで、売上値引の金額を間違えてしまうと自動的に売上総利益の金額もズレてしまうことを考えますと、もうちょっと分かりやすい指示にしてほしかったです。

  • 純売上高:230個×@3200円+240個×@330円-10個×@10円152,700円
  • 売上原価:49,450円+52,800円=102,250円
  • 売上総利益:152,700円-102,250円=50,450円

第3問・残高試算表作成(配点30点)

 残高試算表の作成問題です。

 ICカードのチャージ&使用時の処理など、過去問ではあまり見かけない形の取引がいくつかありましたが、重複取引も問題資料で明示されていたため、7割~8割ぐらい取れた受験生が多かったのではないでしょうか。

現金に関する事項の仕訳

a.売上代金の受取り ※(4)のa.と重複
(借)現金 1,146,000
 (貸)売上 1,146,000
b.収入印紙の購入(使用済み)
(借)租税公課 3,000
 (貸)現金 3,000

 収入印紙は購入時に租税公課で処理しておいて、決算時に残っている分があれば貯蔵品に振り替えます。本問は、購入時の処理が問われているので、全額を租税公課で処理します。

c.商品発送費(顧客負担)の支払い
(借)売掛金 2,000
 (貸)現金 2,000

 顧客負担(得意先負担)の送料を立て替え払いした場合、売掛金または立替金の増加として処理します。

 本問は、勘定科目に関する指示がありませんが、答案用紙の残高試算表に立替金がないので、消去法で「売掛金で処理する」と判断します。

  • 送料を支払った場合の会計処理
    • 当店負担の送料の支払った場合:発送費等で費用処理
    • 顧客負担の送料を支払った場合:売掛金または立替金で処理(←本問)
d.事務所類郵送代金の支払い
(借)通信費 1,000
 (貸)現金 1,000
e.普通預金口座への預入れ ※(2)のa.と重複
(借)普通預金 1,180,000
 (貸)現金 1,180,000
f.ICカードへのチャージ ※(3)のa.と重複
(借)仮払金 32,000
 (貸)現金 32,000

 問題文の「ICカードへのチャージ(入金)を行ったさいには仮払金勘定で処理し、使用時に適切な費用の勘定へ振り替えている」という指示に従って、仮払金勘定で処理します。

普通預金に関する事項の仕訳

a.現金からの預入れ ※(1)のe.と重複
(借)普通預金 1,180,000
 (貸)現金 1,180,000
b.掛代金の回収
(借)普通預金 50,000
 (貸)売掛金 50,000
c.銀行からの借入れ(利息控除後) ※(6)のb.と重複
(借)普通預金 1,196,000
(借)支払利息 4,000 ※1
 (貸)借入金 1,200,000

※1 1,200,000円-1,196,000円=4,000円

 普通預金に関する事項で与えられている資料は利息控除後の金額なので、他の事項から利息控除前の金額(元本)を探す必要があります。

 どこに書かれているか探してみますと…(6)その他の事項b.に借り入れに関する詳細が書かれていますね。利息控除前の金額が1,200,000円なので、差額の4,000円を支払利息で処理しましょう。

d.掛代金の支払い
(借)買掛金 773,000
 (貸)普通預金 773,000
e.備品の取得
(借)備品 350,000
 (貸)普通預金 350,000
f.給料の支払い
(借)給料 164,000 ※2
 (貸)所得税預り金 9,000
 (貸)普通預金 155,000

※2 155,000円+9,000円=164,000円

 所得税の源泉徴収額9,000円を控除したあとの金額が155,000円になっているので、控除前の給料の金額を逆算して求めましょう。

g.所得税の源泉徴収額の支払い
(借)所得税預り金 45,000
 (貸)普通預金 45,000

 源泉徴収時に貸方に計上した所得税預り金を借方に振り替えます。

h.諸費用の支払い
(借)通信費 10,000
(借)水道光熱費 15,000
 (貸)普通預金 25,000
i.当座預金口座への振替え
(借)当座預金 120,000
 (貸)普通預金 120,000

ICカードに関する事項の仕訳

a.現金からのチャージ ※(1)のf.と重複
(借)仮払金 32,000
 (貸)現金 32,000

 問題文の「ICカードへのチャージ(入金)を行ったさいには仮払金勘定で処理し、使用時に適切な費用の勘定へ振り替えている」という指示に従って、仮払金勘定で処理します。

b.電車での移動による使用
(借)旅費交通費 18,000
 (貸)仮払金 18,000

 問題文の指示に従って、仮払金を旅費交通費に振り替えます。

c.消耗品の購入による使用
(借)消耗品費 10,000
 (貸)仮払金 10,000

 問題文の指示に従って、仮払金を消耗品費に振り替えます。

売上げに関する事項の仕訳

a.現金売上げ ※(1)のa.と重複
(借)現金 1,146,000
 (貸)売上 1,146,000
b.掛売上げ
(借)売掛金 60,000
 (貸)売上 60,000

仕入れに関する事項の仕訳

a.約束手形の振出しによる仕入
(借)仕入 60,000
 (貸)支払手形 60,000
b.掛仕入れ
(借)仕入 910,000
 (貸)買掛金 910,000
c.掛仕入れ戻し
(借)買掛金 6,000
 (貸)仕入 6,000

その他の事項の仕訳

a.約束手形の決済
(借)支払手形 100,000
 (貸)当座預金 100,000
b.借入金の処理 ※(2)のc.と重複
(借)普通預金 1,196,000
(借)支払利息 4,000
 (貸)借入金 1,200,000
c.消耗品の購入
(借)消耗品費 15,000
 (貸)未払金 15,000

 請求書を受け取った時点では未払金で処理しておいて、代金を支払うタイミングで未払金を現金などの勘定に振り替えます。

第4問・勘定記入(配点10点)

 支払手数料勘定と前払手数料勘定の空欄を埋める勘定記入の問題です。

 過去にも似たような問題が何度も出題されているため、過去問対策をきちんとやっていた方にとってはボーナス問題だったと思います。

4月11日の仕訳
(借)未払金 70,000
(借)支払手数料 300
 (貸)普通預金 70,300
7月26日の仕訳
(借)土地 1,215,000 ※1
 (貸)当座預金 1,200,000
 (貸)現金 15,000

※1 1,200,000円+15,000円=1,215,000円

 仲介手数料15,000円は取得原価に含めて処理します。うっかり支払手数料勘定で処理しないように気をつけてください。

12月1日の仕訳
(借)支払手数料 60,000
 (貸)現金 60,000
12月31日の仕訳(決算整理仕訳)
(借)前払手数料 40,000 ※2
 (貸)支払手数料 40,000

※2 @20,000円×2か月=40,000円

 12月1日に支払った手数料は3か月分なので、決算において翌期に属する2か月分(平成29年1月分・2月分)を繰延処理します。

12月31日の仕訳(決算振替仕訳)
(借)損益 20,300 ※3
 (貸)支払手数料 20,300

※3 300円+60,000円-40,000円=20,300円

 最後に、支払手数料勘定の貸借差額を損益勘定に振り替えます。

第5問・精算表作成問題(配点30点)

 スタンダードな精算表作成問題です。

 難度・量ともに易しいレベルの問題なので、短い解答時間で30点満点が取れた受験生も多かったのではないでしょうか。

決算整理事項等1
(借)買掛金 38,000
 (貸)普通預金 38,000
決算整理事項等2
(借)旅費交通費 17,000
(借)普通預金 13,000 ※1
 (貸)仮払金 30,000

※1 30,000円-17,000円=13,000円

 借方に計上されている仮払金30,000円のうち、17,000円を旅費交通費に振り替えるとともに、残りの13,000円を普通預金に振り替えます。

決算整理事項等3
(借)前受金 20,000
 (貸)売掛金 20,000

 売掛金を減らさなければいけないのに、誤って前受金を計上してしまっている状況です。前受金の計上を取り消すとともに、同額だけ売掛金を減らしましょう。

決算整理事項等4
(借)貸倒引当金繰入 2,000 ※2
 (貸)貸倒引当金 2,000

※2 (270,000円-20,000円)×2%-3,000円=2,000円

 決算整理事項等3で減らした売掛金20,000円を考慮し忘れないように気をつけてください。

決算整理事項等5
(借)仕入 226,000
 (貸)繰越商品 226,000
(借)繰越商品 189,000
 (貸)仕入 189,000
決算整理事項等6
(借)減価償却費 119,000
 (貸)建物減価償却累計額 29,000 ※3
 (貸)備品減価償却累計額 90,000 ※4

※3 870,000円÷30年=29,000円

※4 360,000円÷4年=90,000円

決算整理事項等7
(借)前払保険料 40,000 ※5
 (貸)保険料 40,000

※5 60,000円×8か月/12か月=40,000円

 決算において、翌期に属する8か月分(翌年1月~8月分)を繰延処理します。

決算整理事項等8
(借)受取家賃 15,000 ※6
 (貸)前受家賃 15,000

※6 45,000円×1か月/3か月=15,000円

 決算において、翌期に属する1か月分(翌年1月分)を繰延処理します。

決算整理事項等9
(借)給料 37,000
 (貸)未払給料 37,000

解答速報まとめ&難易度アンケート
簿記3級 簿記2級 簿記1級