書籍概要

  1. 教材種別:
    直前対策セット
    出版社:
    ネットスクール出版
    価格:
    864円(税込)

     第147回日商簿記検定3級対策用の予想問題セットです。4回分の試験問題・解答・解説が1セットになっています。

     以前はTACと同様に製本されたものが市販されていましたが、第145回試験対策用からネットスクール直販の限定セットとして販売されるようになりました(※書店で購入することはできません)。

    管理人のレビュー

     単品で注文した場合、薄いダンボールで送られてきます(※メール便)。透明の袋に入った予想問題4回分と、納品明細書・計算用紙・出題予想が書かれた紙が入っています。

     4回分の問題は最初から別々になっているので、1回分ずつ持ち運ぶことができます。

     また、解答・解説は小冊子になっていて、4回分が1冊にまとめられています。解説の内容は市販されていたときとほとんど変わりなく、細かいところまできちんと解説されています。

    4回分の問題用紙
    4回分の問題用紙

    解答・解説の小冊子
    解答・解説の小冊子

     TACの予想問題集と比べると…仕訳カードなどの付録や動画解説サービスはありません。また、解答・解説もTACが2色刷りなのに対して、NSは1色(白黒)刷りです。

    本体価格と送料について

     価格は864円(税込)とかなり安いです。しかも、直販サイトでは常時、定価の10%オフで購入することができるので、実売価格は778円(税込)です。

     ただ、注文金額合計が1,500円以下の場合は410円の送料がかかってしまうので、1冊だけ購入する場合はTACの予想問題集よりも高くなってしまいます。ご注意ください。

    ・NSの予想問題セットを直販サイトで購入:778円(10%オフ)+送料410円=1,188円
    ・TACの予想問題集を直販サイトで購入:972円(10%オフ)+送料0円=972円
    ・TACの予想問題集をAmazonや楽天で購入:1,080円(定価)+送料0円=1,080円

    直販で購入(778円)




管理人が実際に問題を解いてみました!

第1予想

 第1問は、仕訳問題5問です。

 5問とも過去問類似問題なので、特に解説するところはありません。間違えてしまった問題はテキストに戻ってきちんと復習しておきましょう。


 第2問は、当座預金出納帳などの補助簿から1月中の仕訳を推定し、さらに売上原価や売上総利益を計算する面白い問題です。

 売上帳から1月中に440個販売したことが分かるので、前期繰越額および仕入帳から売上原価の金額を計算しましょう。なお、実際に問題を解くさいは、商品有高帳を下書きする必要はありません。以下のように、売上原価だけをメモ書きして求めましょう。

  • 1月10日販売分(340個)の売上原価
    • 前期繰越額:100個×@150円=15,000円
    • 1月7日仕入分:240個×@120円=28,800円
  • 1月25日販売分(100個)の売上原価
    • 1月7日仕入分:60個×@120円=7,200円
    • 1月20日仕入分:40個×@132円=5,280円
  • 売上原価=15,000円+28,800円+7,200円+5,280円=56,280円
  • 売上高=102,000円+30,000円=132,000円
  • 売上総利益=132,000円-56,280円=75,720円

 第3問は、残高試算表の作成問題です。

 本問は、問題文のなお書きから二重仕訳を考慮する必要があることが分かるので、下書用紙に全取引の仕訳を書いたうえで集計時にひと工夫する方法で解答することをおすすめします(NSの解説とは異なる方法です)。

 まずは下書用紙に全ての取引の仕訳を書いてください。

 仕入に関する取引の「店主個人による自家消費」は少し難しいかもしれませんが、これはお店の商品を店主が食べちゃった(使っちゃった)ということです。仕入のマイナス&資本の引き出しとして処理しましょう。

店主個人による自家消費の仕訳
(借)資本金 18,000
 (貸)仕入 18,000
第1予想・第3問の下書き1
第1予想・第3問の下書き1(PDF版

 仕訳を下書きする場合は、勘定科目・金額を出来るかぎり省略して書きましょう。

 例えば…現金は「」、当座預金は「」、売上は「S(→Salesの頭文字)」、買掛金は「か×」といった感じです。また、金額の下3桁が000の場合には「」を使うと簿記上級者っぽくなります。

 簿記検定ナビ勘定科目の省略パターン一覧表ページでは、他の勘定科目の省略パターンもいろいろと紹介しています。興味のある方は一度ご覧ください。

第1予想・第3問の下書き2
第1予想・第3問の下書き2(PDF版

 次に集計作業に移ります。売上・仕入・当座預金・現金については一部が二重計上されている可能性があるので、この4つについてはそれぞれの欄に計上されている金額のみを集計しましょう。

 具体的には…例えば売上であれば、売上げに関する取引欄で切った仕訳のみから売上の金額を集計します。売上げに関する取引欄以外に計上されている、いわゆる二重取引に該当する売上の増減は集計時には無視します。

  • 売上:2,400,000円-4,800円=2,395,200円

 残りの仕入・当座預金・現金も同じように集計します。なお、その他の欄の仕訳については二重計上を気にする必要はありません。普通に集計しましょう。

  • 仕入:2,040,000円-48,000円=1,992,000円
  • 当座預金:前期繰越1,200,000円+2,406,000円-1,734,000円=1,872,000円
  • 現金:前期繰越432,000円-138,000円=294,000円

 なお、資本金に関しては、前期末に計上した当期純損失120,000円(※資料Aの貸借対照表を参照)を考慮し忘れないように気をつけましょう。

  • 資本金:前期繰越2,160,000円-当期純損失120,000円-18,000円+360,000円=2,382,000円

 解き方については他にもいろいろありますが、この方法は簡単なルールに従って機械的に集計するだけで二重取引を排除することができるのでおすすめです。


 第4問は、消耗品に関する勘定記入の問題です。

 消耗品に関しては、本問で問われている2パターンをきちんと押さえておきましょう。

  • 消耗品に関する決算整理仕訳
    • 購入時に消耗品費勘定で処理している場合→期末に残っている分を消耗品勘定に振り替える
    • 購入時に消耗品勘定で処理している場合→期中に使った分を消耗品費勘定に振り替える

 第5問は、財務諸表の作成問題です。

 財務諸表の作成問題に苦手意識をもっている方も多いと思いますが、やることは精算表作成問題と全く同じです。売上原価の金額や評価勘定(貸倒引当金・減価償却累計額)の記入がポイントになるので、本問を使ってきちんと確認しておきましょう。

 なお、貸借対照表の貸倒引当金や減価償却累計額の金額の前には、マイナスを意味する「▲」マーク等を付けてはいけません(※勝手に付けると不正解になります)。本問のように特段の指示がない場合は、金額だけを記入しましょう。

★第1予想の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
普通 普通 普通 簡単 普通
5分 15分 20分 30分 10分 30分 10分

第2予想

 第1問は、仕訳問題5問です。

 問2の仕入取引は、中古自動車の購入→固定資産の購入と処理してしまったかもしれませんが、問題文に「当店は自動車販売業を営んでいる」とあるので、中古自動車は「固定資産の購入」ではなく「商品の仕入」になります。

 よって、仕入の増加として処理するとともに、手付金分は前払金で処理し、未払い分は買掛金で処理します。車両運搬具や仮払金、未払金で処理しないように気をつけましょう。

 問3の賃借料の支払いは、土地の賃借料を支払地代で、保管用倉庫の賃借料を保管費で処理します。

 問5の貸倒れ債権の回収は、償却債権取立益で処理するだけです。問題文の「貸倒引当金勘定の残高は ¥ 60,000 である」はダミーデータなので、ひっかからないように気をつけましょう。


 第2問は、仕入先元帳から総勘定元帳(買掛金)を推定する問題です。問題資料の3商店の各勘定から仕訳を推定し、総勘定元帳に入る勘定科目および金額を求めましょう。

 実際に問題を解いてみて、千葉商店の1月10日の「約手の裏書 180,000」の処理(受取手形の減少)がやや難しいと感じましたが、それ以外は特に問題ないと思います。


 第3問は、合計試算表の作成問題です。

 本問は、問題の資料Bから二重取引を考慮する必要が無いと判断できるので、頻出する8勘定(現金・当座預金・受取手形・売掛金・支払手形・買掛金・仕入・売上)についてT勘定を設定して集計しましょう。その他の勘定科目は「その他」勘定に記入・集計します。

 まず、下書用紙に8つの勘定+その他勘定を書きます。

第2予想・第3問の下書き1
第2予想・第3問の下書き1(PDF版

 次に、月初(10月1日)時点の各勘定の金額を記入します。金額自体は、問題の資料Aの合計試算表からひっぱってくるだけなので簡単です。

第2予想・第3問の下書き2
第2予想・第3問の下書き2(PDF版

 問題の資料Bの「10月中の取引」を頭の中で仕訳して、8つの勘定に記入していきます。

第2予想・第3問の下書き3
第2予想・第3問の下書き3(PDF版

 最後に8つの勘定を締め切ります。なお、本問は合計試算表を作成する問題なので、各勘定を締め切るさいには「借方の合計額」「貸方の合計額」を求めましょう。

第2予想・第3問の下書き4
第2予想・第3問の下書き4(PDF版

 10月中の各取引に関しては特に問題ないと思います。本問は、スタンダードな試算表作成問題なので、30点満点が取れるまで何度も繰り返し解いてください。


 第4問は、受取利息勘定から利払日の仕訳・決算整理仕訳・決算振替仕訳・翌期首の再振替仕訳を推定する問題です。

 問題資料の受取利息勘定を完成してから仕訳を考えましょう。


 第5問は、オーソドックスな精算表作成問題です。ケアレスミスに気をつけて満点を狙いましょう。

 1.現金過不足は、まず現金過不足の借方残高1,200円を相殺するために貸方に同額を計上したうえで、給料の未計上分4,500円(=7,200円-2,700円)を借方に計上し、最後に貸借差額3,300円(=4,500円-1,200円)を雑益で…という流れで処理しましょう。

 4.の売上原価勘定による売上原価算定の仕訳が怪しい方は、この機会に「浮く牛食う(うくうしくう)」という語呂で覚えてしまいましょう。詳しくは、簿記検定ナビ簿記の語呂ページでご確認ください。

 また、受取手形や売掛金、貸倒引当金、貸倒引当金繰入の金額は、以下の流れで一気に解答しましょう。

  1. 受取手形48,000、売掛金72,000を貸借対照表欄に書く
  2. 貸倒引当金3,600(={48,000+72,000}×3%)を貸借対照表欄に書く
  3. 残高試算表欄の1,800との差額(=3,600-1,800)を計算して、貸倒引当金の修正記入欄に金額1,800を書く
  4. 貸倒引当金繰入の修正記入欄に金額1,800を書く
  5. 貸倒引当金繰入の損益計算書欄に金額1,800を書く
★第2予想の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
普通 普通 普通 簡単 簡単
5分 15分 15分 35分 10分 30分 10分

第3予想

 第1問は、仕訳問題5問です。

 問3の現金過不足は、未記帳の取引を処理すると現金の帳簿残高は117,300円(=120,000円-2,700円)、実際有高は118,200円になるので、差額の900円を雑益として処理します。


 第2問は、買掛金元帳および商品有高帳に関する問題です。

 問1に関しては、40ページの解説にあるようなTフォームを下書きして、月末時点の残高をサクッと求めましょう。41ページの解説で紹介されている「仕訳で解く方法」はかなり時間がかかってしまうのでおすすめしません。

 問2の商品有高帳に関しては、答案用紙の摘要欄・払出欄の数量が最初から埋まっているので簡単です。ケアレスミスに気をつけて、10点満点を狙いましょう。


 第3問は、問題資料の入金伝票・出金伝票・振替伝票から、仕訳日計表・総勘定元帳・得意先元帳・仕入先元帳を作成する問題です。

 仕訳日計表は仕訳を集計するだけですし、総勘定元帳・得意先元帳・仕入先元帳も摘要欄が予め埋まっていたので、特に問題なく解答できたと思います。

 なお、解説43ページではT勘定を使った解法が、44ページでは仕訳で解く解法が紹介されていますが、本文に関してはどちらで解いても大差はありません。ご自身のしっくりくる方法で解いてください(私は後者の「仕訳で解く方法」で解きました)。


 第4問は空欄推定の問題です。

 空欄推定に関しては、第136回試験で「語群から選んで解答する問題」が、第141回試験で「語群が与えられずに各自で考えて解答する問題」が出題されていますが、第147回で出題されるとしたら第141回試験と同様に語群が与えられない可能性が高いです。

 貸借対照表や損益計算書、当期純利益など、よく出てくるキーワードに関しては漢字で正確に書けるように準備しておきましょう。


 第5問は、財務諸表の作成問題です。

 第141回試験の第5問で出題された問題と同じパターン・レベルの問題なので、過去問対策をきちんとやっていれば満点近い点数が取れたと思います。

 なお、貸借対照表の貸倒引当金や減価償却累計額の金額の前には、マイナスを意味する「▲」マーク等を付けてはいけません(※勝手に付けると不正解になります)。本問のように特段の指示がない場合は、金額だけを記入しましょう。

★第3予想の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
簡単 普通 普通 簡単 普通
5分 10分 25分 35分 5分 30分 10分

ウラ予想

 第1問は、仕訳問題5問です。

 問2の旅費の精算は、残額12,000円を現金で受け取っていますが、これをただちに当座預金口座に預け入れているので当座預金の増加として処理します。

 問5の有価証券の売却は、売買手数料等の処理に気をつけてください。解説56ページにも書かれていますが、売買手数料等を差し引いた手取額1,962,000円(=3,000株×660円-18,000円)を売却価額と考えて、帳簿価額1,920,000円(=3,000株×640円)との差額を売却益で処理します。


 第2問は、小口現金出納帳の作成問題です。

 問題資料の各費用を正確に分類できるかどうかがポイントになります。費用の分類は第1問の仕訳で問われる可能性もじゅうぶんありますので、本問を使ってきちんと分類できるか確認しておきましょう。


 第3問は、合計残高試算表の作成問題です。

 資料(Ⅱ)が日付別で与えられているので、頻出する8勘定(現金・当座預金・受取手形・売掛金・支払手形・買掛金・仕入・売上)についてT勘定を設定して集計しましょう。その他の勘定科目は「その他」勘定に記入・集計します。

 まず、下書用紙に8つの勘定+その他勘定を書きます。

ウラ予想・第3問の下書き1
ウラ予想・第3問の下書き1(PDF版

 次に、平成29年1月25日時点の各勘定の「借方に計上されている金額」および「貸方に計上されている金額」を記入します。金額自体は、資料(Ⅰ)の合計試算表からひっぱってくるだけなので簡単です。

ウラ予想・第3問の下書き2
ウラ予想・第3問の下書き2(PDF版

 資料(Ⅱ)の各日の取引を頭の中で仕訳して、8つの勘定に記入していきます。なお、売掛金と買掛金に関しては明細表を作成する必要があるので、下書きの売掛金勘定・買掛金勘定に金額を書き込むさいにはどの商店の増減なのかひと目で分かるようにしておくのがポイントです。

  • 売掛金
    • 鳥:鳥取商店
    • 岡:岡山商店
    • 大:大阪商店
  • 買掛金
    • 香:香川商店
    • 兵:兵庫商店
    • 奈:奈良商店
ウラ予想・第3問の下書き3
ウラ予想・第3問の下書き3(PDF版

 最後に8つの勘定を締め切ります。なお、本問は合計残高試算表を作成する問題なので、各勘定を締め切るさいにはいったん借方合計額・貸方合計額を計算したあとに残高の金額を求めるのがポイントです。

ウラ予想・第3問の下書き4
ウラ予想・第3問の下書き4(PDF版

 資料(Ⅱ)の各取引は量が多くて面倒なものの、ひとつひとつの難度は高くないです。

 しいて挙げるとすれば、31日の「家計費として現金 ¥ 30,000 を支出した」でしょうか。家庭内で使うためにお金を引き出しているので、資本の引き出しとして処理します。


 第4問は、伝票会計に関する簡単な問題です。

 問題文に「使用しない伝票には何も記入しないこと」とあるので、(2)の出金伝票は空欄のままにしておきましょう。


 第5問は、損益勘定・資本金勘定および繰越試算表を作成する問題です。

 本問は一見、難しそうに見えますが、やること自体は損益計算書・貸借対照表の作成問題とほとんど同じです。

 解答順序は上から順番に…損益勘定の差額で資本金の金額を算定し、資本金勘定で次期繰越額(繰越試算表の金額)を差額で算定し、最後に繰越試算表を完成させましょう。

★ウラ予想の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
普通 簡単 難しい 簡単 難しい
5分 10分 15分 40分 10分 30分 10分

質問掲示板のご案内

 本書の問題に関する質問は、簿記検定ナビ内の日商簿記検定3級に関する質問掲示板で受け付けております(もちろん無料です)。

 本書に収載されている全ての問題を解いている&問題が手元にあるので、ご質問に対してすぐに回答できると思います。お気軽にご利用ください。

仕訳問題に関するQ&A

自分の解答と模範解答の勘定科目の上下が逆になっていました。不正解になりますか?
 仕訳は上下が逆になっていても正解です。

 本書ですと…例えば、第1予想の問5の模範解答では上から所得税預り金・社会保険料預り金・従業員立替金・普通預金の順番に並んでいますが、この4つの順番は入れ替わっても構いません。他の問題も同様です。

勘定科目の漢字を間違えた場合、部分点はもらえますか?
 部分点はもらえません。

 勘定科目の漢字を間違えた場合は不正解になりますので、ケアレスミスにご注意ください。また、問題に列挙されていない勘定科目を使って解答した場合も不正解になります。

金額にカンマを付けないと不正解になりますか?
 不正解にはなりません。

 ただ、実務においてカンマを付けるのは当たり前のことですし、省略したからといって解答時間の短縮にはなりません。それどころか、見直しの時に見にくいだけです。

 このようにカンマを付けないメリットはなにもありませんので、金額には必ずカンマを付けましょう。

管理人さんの仕訳問題の解き方を教えてください。
 私はまず、問題に列挙されている勘定科目群に線を入れて「資産」「負債」「純資産」「収益」「費用」「その他」などに分けて見やすくします。そのさいに気になる勘定科目があったらマルで囲んで目立たせておきます。

 次に、問題文を読んで重要そうなところにアンダーラインを入れます。

 上記の準備をしたうえで解答仕訳を考えますが、答案用紙にいきなり仕訳を書くのではなく、まずは問題用紙の余白部分に仕訳をメモ書きして勘定科目のチェックをしてから答案用紙に書きます。

 ひと手間を加えるだけでケアレスミスをなくすことができますので、ぜひ参考にしてください。