簿記ナビ模試のご案内

 第147回日商簿記検定3級の予想問題「簿記ナビ模試」は、簿記検定ナビのサイト内で無料配布中です。面倒な会員登録等は一切不要で、問題用紙・答案用紙・解答の各PDFファイルをワンクリックで簡単にダウンロードできます。




第2問(商品有高帳)の解説

 商品有高帳に関する帳簿記入の問題です。

 問題資料を参考に8月中の取引の仕訳を考えたうえで、仕入戻し・売上値引に注意して商品有高帳を作成し、先入先出法による場合の8月の売上総利益を計算しましょう。

8月9日の仕訳(仕入)

(借)仕入 352,000 ※1
 (貸)買掛金など 352,000

※1 80個×@4,400円=352,000円

 本問は、問題文に「商品の払出単価の決定方法として移動平均法を採用している」とあるので、仕入の都度、平均単価を計算する必要があります。

9日の残高欄の平均単価=(80,000円+352,000円)÷(20個+80個)=@4,320円

商品有高帳の解答手順1

8月13日の仕訳(仕入戻し)

(借)買掛金など 88,000 ※2
 (貸)仕入 88,000

※2 20個×@4,400円=88,000円

 問題文に「仕入戻しについては、返品した商品の仕入単価を払出欄に記入すること」とあるので、指示通り仕入単価(@4,400円)を払出欄に記入します。

 指示を見落として9日の残高の単価(@4,320円)を使ってしまうと、ここから下の金額が全てズレてしまうのでご注意ください。

13日の残高欄の平均単価=(432,000円-88,000円)÷(100個-20個)=@4,300円

商品有高帳の解答手順2

8月15日の仕訳(売上)

(借)売掛金など 434,000 ※3
 (貸)売上 434,000

※3 70個×@6,200円=434,000円

 払出欄の単価は、13日の残高欄の単価(@4,300円)から引っ張ってくるだけなので簡単です。

商品有高帳の解答手順3

8月16日の仕訳(売上値引)

(借)売上 70,000 ※4
 (貸)売掛金 70,000

※4 70個×@1,000円=70,000円

 売上値引は、売上の利益部分を差し引く(修正する)だけで商品が戻ってくるわけではありません。よって、商品有高帳には売上値引の事実は反映されません。この点が本問の一番のひっかけポイントになるのでご注意ください。

商品有高帳の解答手順4

8月21日の仕訳(仕入)

(借)仕入 414,000 ※5
 (貸)買掛金など 414,000

※5 90個×@4,600円=414,000円

 9日と同様に、平均単価を計算し直します。

21日の残高欄の平均単価=(43,000円+414,000円)÷(10個+90個)=@4,570円

商品有高帳の解答手順5

8月27日の仕訳(売上)

7月27日の仕訳(売上)
(借)売掛金など 396,000 ※6
 (貸)売上 396,000

※6 60個×@6,600円=396,000円

 払出欄の単価は、21日の残高欄の単価(@4,570円)から引っ張ってくるだけなので簡単です。

商品有高帳の解答手順6

8月31日の処理(月末処理)

 月末残高を31日の払出欄に記入して、商品有高帳を締め切ります。なお、一番下の合計欄は数量欄と金額欄のみを埋めましょう(※単価欄は空欄で構いません)

商品有高帳の解答手順7
  • 純売上高:70個×@6,200円-70個×@1,000円+60個×@6,600円=760,000円
  • 売上原価:70個×@4,300円+60個×@4,570円=575,200円
  • 売上総利益:760,000円-575,200円=184,800円

問2 8月の売上総利益(先入先出法)

 売上高は払出単価の決定方法とは無関係なので、移動平均法による場合も先入先出法による場合も同額(760,000円)です。16日の売上値引を考慮し忘れないように気をつけましょう。

 次に売上原価の金額を考えましょう。商品の払出単価の決定方法として先入先出法を採用した場合、古い商品から順番に払い出したと仮定して売上原価を計算します。

 当月は130個(=70個+60個)販売しているので、前月繰越分および当月仕入分の中から古い順に130個をピックアップしましょう。

 具体的には、前月繰越の20個、9日に仕入れた60個(※仕入れ戻し考慮後)…ここまでで80個ですよね。あと残り50個なので、21日に仕入れた90個のうち50個が売上原価になります(残りの40個は次月繰越)。

  • 純売上高:70個×@6,200円-70個×@1,000円+60個×@6,600円=760,000円
  • 売上原価130個:574,000円
    • 前期繰越分20個:20個×@4,000円=80,000円
    • 9日仕入分60個:(80個-20個)×@4,400円=264,000円
    • 21日仕入分50個:50個×@4,600円=230,000円
  • 売上総利益:760,000円-574,000円=186,000円

参考問題のご案内

 先入先出法による場合の答案用紙(PDF)をご用意いたしました。余裕のある方はこちらもあわせて解いてみてください。なお、15日と27日の残高欄は上の行に書いても下の行に書いても正解です(※解答は下の行に書いています)。

商品有高帳(先入先出法)の答案用紙
商品有高帳(先入先出法)の記入例

まとめ

 本問は、「仕入戻し」と「売上値引」の処理がポイントです。特に「売上値引」の処理は商品有高帳だけでなく補助簿の選択問題でもよく問われるので、帳簿記入のルールをきちんと押さえておきましょう。

 商品有高帳に関しては、本問を押さえておけば本試験対策はバッチリです。満点が取れるまで繰り返し解いてください。

簿記ナビ模試3級の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
普通 普通 普通 簡単 普通
5分 15分 20分 35分 10分 25分 10分