第146回日商簿記検定3級 試験問題&管理人の解説

 第146回日商簿記検定3級を受験された皆様、お疲れ様でした。本ページでは、第146回日商簿記検定の試験問題の無料請求方法や、TACや大原などの解答速報情報、各問題の管理人の解説をまとめました。

 なお、第146回日商簿記検定3級の感想や質問はページの一番下のコメント欄に気軽に書き込んでください。ひとことでも長文でも構いません。受験生の皆様のコメントをお待ちしております。

各社の模範解答(解答速報)

おすすめ解答順序と時間配分

1問→第2問→第4問→第5問→第3

「各問題の配点」と「各問題の難易度」と「時間配分の目安」
配点 難易度 時間配分
準備 5分
1 20点 普通 10分
2 10点 普通 15分
4 10点 簡単 10分
5 30点 普通 30分
3 30点 普通 40分
見直し 10分

予想合格率

 合格率は40%~45%ぐらいになりそうです。

 第2問の「該当なし」や第4問の「記入なし」など珍しい解答形式の問題もありましたが、難度は普通レベルでしたし、配点の多い第3問・第5問も過去問類似問題だったので、がんばって勉強した人が順当に合格できる試験回だったと思います。

直近の試験の合格率の推移
第141回 第142回 第143回 第144回 第145回 第146回
26.1% 26.6% 34.2% 45.1% 47.4% 40%~45%?



第1問・仕訳問題(配点20点)

  1. 仕入取引・手形取引
  2. 固定資産の売却・未収入金
  3. 租税公課
  4. 売掛金の回収
  5. 仮払金・前受金

 問5は過去に出題されたことのない形だったのでちょっと難しかったかもしれませんが、他の4問は過去問類似問題です。簿記検定ナビの仕訳問題対策等を使ってきちんと仕訳対策をしていた方は、短い解答時間で最低でも16点は取れたのではないでしょうか。

問1 仕入取引・手形取引

問1 模範解答
(借)仕入 502,000
 (貸)受取手形 500,000
 (貸)現金 2,000

 仕入取引・手形取引に関する問題です。

 この問題は【手形の裏書きに関する仕訳】【引取運賃に関する仕訳】に分けて考えましょう。

 まず、手形の裏書きに関しては、問題文に「代金は仙台商店振出しの約束手形を裏書譲渡した」とあるので、得意先振出しの約束手形の減少→受取手形の減少として処理します。

①手形の裏書きに関する仕訳
(借)仕入 500,000
 (貸)受取手形 500,000

 次に、当店負担の引取運賃に関しては、問題文に「当店負担の引取運賃 ¥ 2,000 は現金で支払った」とあるので、仕入に含めて処理します。

  • 当店負担の引取運賃(発送費) → 仕入に含めて処理
  • 他店負担の引取運賃(発送費) → 売掛金または立替金で処理
②引取運賃に関する仕訳
(借)仕入 2,000
 (貸)現金 2,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

問2 固定資産の売却・未収入金

問2 模範解答
(借)備品減価償却累計額 300,000
(借)未収入金 20,000
(借)固定資産売却損 80,000
 (貸)備品 400,000

 固定資産の売却・未収入金に関する問題です。

 固定資産は期首に売却する場合と、期中(または期末)に売却する場合とで処理が異なるので、まず問題がどちらに該当するのか確認しましょう。


期首に固定資産を売却する場合

 当期の減価償却費はゼロなので、取得原価から期首備品減価償却累計額を差し引いて売却時の帳簿価額を計算し、さらに売却価額との差額で売却損益を計算します。

売却時の帳簿価額=取得原価-期首備品減価償却累計額

期中(または期末)に固定資産を売却する場合

 当期の減価償却の処理に関する指示が入るので、それに従って当期の減価償却費を(月割で)計算します。そのうえで、取得原価から期首備品減価償却累計額&当期の減価償却費を差し引いて売却時の帳簿価額を計算し、さらに売却価額との差額で売却損益を計算します。

売却時の帳簿価額=取得原価-期首備品減価償却累計額-当期の減価償却費


 本問は、問題文の「不要になった備品~を期首に~売却」から期首に売却したことが分かります。

 また、問題文の「減価償却累計額:¥ 300,000 」から期首備品減価償却累計額の金額が分かるので、取得原価からこれを差し引いて売却時の帳簿価額を計算します。

取得原価400,000円-期首備品減価償却累計額300,000円=売却時の帳簿価額100,000円

 最後に、売却時の帳簿価額と売却価額との差額で売却損益を計算します。なお、売却価額20,000円は商品売買以外の取引で発生した債権なので、売掛金ではなく未収入金で処理します。

  • 売却時の帳簿価額=100,000円
  • 売却価額=20,000円
  • 差額=80,000円(帳簿価額>売却価額…売却損
解答仕訳
(借)備品減価償却累計額 300,000
(借)未収入金 20,000
(借)固定資産売却損 80,000
 (貸)備品 400,000

記帳方法が直接法の場合の仕訳はどうなる?

 なお、本問を直接法で記帳していた場合、解答仕訳は以下のようになります。貸方の備品勘定の金額は、取得原価ではなく期首時点(=売却時)の帳簿価額100,000円になります。参考までにご確認ください。

参考:記帳方法が直接法の場合の解答仕訳
(借)未収入金 20,000
(借)固定資産売却損 80,000
 (貸)備品 100,000

問3 租税公課

問3 模範解答
(借)租税公課 7,000
 (貸)現金 7,000

 租税公課に関する問題です。

 本問のように、収入印紙をただちに使用した場合は租税公課で費用処理します。なお、仮に期末に残っている分がある場合は、租税公課を貯蔵品に振り替えます。

参考:仮に期末に収入印紙が1,000円残っていた場合の決算整理仕訳
(借)貯蔵品 1,000
 (貸)租税公課 1,000

問4 売掛金の回収

問4 模範解答
(借)現金 70,000
(借)貸倒引当金 130,000
 (貸)売掛金 200,000

 売掛金の回収に関する問題です。

 まず、70,000円については現金で回収しただけなので特に問題ないと思います。

①現金で回収した70,000円に関する仕訳
(借)現金 70,000
 (貸)売掛金 70,000

 残りの130,000円(=200,000円-70,000円)については、貸倒引当金を取り崩して処理します。

②貸倒れた130,000円に関する仕訳
(借)貸倒引当金 130,000
 (貸)売掛金 130,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

 なお、貸倒れた売掛金が当期販売分だった場合、貸倒引当金を取り崩すことは出来ないので、貸倒損失で費用処理します。参考までに仕訳をご確認ください。

参考:貸倒れた売掛金が当期販売分だった場合の仕訳
(借)現金 70,000
(借)貸倒損失 130,000
 (貸)売掛金 200,000

問5 仮払金・前受金

問5 模範解答
(借)旅費交通費 17,000
(借)現金 23,000
 (貸)仮払金 25,000
 (貸)前受金 15,000

 仮払金・前受金に関する問題です。

 本問はまず、問題文の「出張にあたって、従業員には旅費の概算額 ¥ 25,000 を渡していた」から、仮払いしたさいの仕訳をイメージしましょう。

参考:仮払いしたさいの仕訳
(借)仮払金 25,000
 (貸)現金など 25,000

 上記の仕訳を踏まえたうえで、残額8,000円が返ってきたわけですから、仮払額との差額17,000円(=25,000円-8,000円)を旅費交通費で処理します。

①仮払金に関する仕訳
(借)現金 8,000
(借)旅費交通費 17,000
 (貸)仮払金 25,000

 また、問題文に「得意先で契約した商品販売にかかる手付金 ¥ 15,000 を現金で受け取った」とあるので、前受金で処理します。

②前受金に関する仕訳
(借)現金 15,000
 (貸)前受金 15,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

第2問・補助簿の選択(配点10点)

模範解答
現金
出納帳
当座預金
出納帳
商品
有高帳
売掛金
元帳
買掛金
元帳
仕入帳 売上帳 該当なし
5日
6日
16日
31日①
31日②

 補助簿の選択に関する問題です。

 解答手順は、まず各取引の仕訳を書きだしてから、借方貸方の勘定科目ごとに考えていくと分かりやすいです。

5日 売上取引

(借)当座預金 400,000
(借)売掛金 400,000
 (貸)売上 800,000

 借方の当座預金は「当座預金出納帳」、貸方の売掛金は「売掛金元帳」に記入します。

 貸方の売上は「売上帳」「商品有高帳」の2つに記入します。売上は商品が実際に動くので、売上帳だけでなく商品有高帳にも記入する点がポイントです。

売上→商品を送る→手元の商品が減る→商品有高帳に減った分を記入する

6日 固定資産の購入

(借)建物 5,000,000
 (貸)仮払金 500,000
 (貸)当座預金 4,500,000

 貸方の当座預金は「当座預金出納帳」に記入します。借方と建物と貸方の仮払金については、補助簿に記入しません。

16日 仕入戻し

(借)買掛金 150,000
 (貸)仕入 150,000

 借方の買掛金は「買掛金元帳」に記入します。一方、借方の仕入は「仕入帳」「商品有高帳」の2つに記入します。仕入戻しは商品が実際に動くので、仕入帳だけでなく商品有高帳にも記入する点がポイントです。

仕入戻し→商品を送り返す→手元の商品が減る→商品有高帳に減った分を記入する

31日① 現金過不足

(借)当座預金 20,000
 (貸)現金過不足 20,000

 借方の当座預金は「当座預金出納帳」に記入します。貸方の現金過不足については、補助簿に記入しません。

31日② 貸倒引当金の設定

(借)貸倒引当金繰入 8,000
 (貸)貸倒引当金 8,000

 借方の貸倒引当金繰入、貸方の貸倒引当金ともに補助簿には記入しません。よって、「該当なし」になります。

第3問・合計残高試算表作成+掛け明細表(配点30点)

 5月中の取引にもとづいて、5月31日時点の合計残高試算表を作成する問題です。

 試算表の他に売掛金・買掛金明細表を作成する必要がありますが、各取引の難度・分量は平均レベルなので、過去問対策をバッチリやっていた方は満点近い点数が取れたのではないでしょうか。

 なお、本問は問題資料が時系列順に与えられているので、解答にあたって二重取引を考慮する必要はありません。

二重取引を考慮する必要のない問題の解答方法について

 二重取引を考慮する必要のない問題の解答方法は、「下書用紙に全取引の仕訳を書いて集計する方法(以下、①法)」と、「下書用紙にT勘定を設定し、頭のなかで仕訳を考えて各勘定に金額を記入し、各勘定ごとに金額を集計する方法(以下、②法)」の2つがあります。

 本問は、12月中の取引がそんなに多くないので①法で解いても良いと思いますが、基本的にはメリットの多い②法で解くことをおすすめします。

①法 ②法
練習の必要性 特になし あり
解答時間 長くなる 短くて済む
ケアレスミス 発生しやすい 発生しにくい

T勘定を設定すべき勘定について

 3級の試算表作成問題をT勘定を使って解く場合は、現金・当座預金・売掛金・買掛金・受取手形・支払手形・仕入・売上勘定の8つについては必ずT勘定を作りますが、本問は受取手形と支払手形がない(珍しい!)ので、残りの6つだけ作りましょう。

 なお、その他の勘定については臨機応変に対応することになりますが、基本的には「その他」という勘定を作ってそこにどんどん書き込んでいくと分かりやすくて集計しやすいです。

  • 本問で設定するT勘定:現金勘定、当座預金勘定、受取手形勘定支払手形勘定、売掛金勘定、買掛金勘定、売上勘定、仕入勘定、その他勘定

具体的な解答手順について

 まず、下書用紙に上記の6つの勘定+その他勘定を書きます。

第3問の下書き1
第3問の下書き1(PDF版

 次に、平成29年5月26日時点の各勘定の「借方に計上されている金額」および「貸方に計上されている金額」を記入します。金額自体は、資料(1)の合計試算表からひっぱってくるだけなので簡単です。

第3問の下書き2
第3問の下書き2(PDF版

 資料(2)の各日の取引を頭の中で仕訳して、6つの勘定+その他勘定に記入していきます。なお、売掛金と買掛金に関しては明細表を作成する必要があるので、下書きの売掛金勘定・買掛金勘定に金額を書き込むさいにはどの商店の増減なのかひと目で分かるようにしておくのがポイントです。

  • 売掛金
    • と:東京商店
    • ち:千葉商店
  • 買掛金
    • い:茨城商店
    • と:栃木商店
第3問の下書き3
第3問の下書き3(PDF版

 最後に6つの勘定を締め切ります。なお、本問は合計残高試算表を作成する問題なので、各勘定を締め切るさいにはいったん借方合計額・貸方合計額を計算したあとに残高の金額を求めるのがポイントです。

第3問の下書き4
第3問の下書き4(PDF版

参考:5月中の取引の仕訳

5月27日の仕訳①
(借)仕入 60,000
 (貸)前払金 15,000
 (貸)買掛金・栃木 45,000
5月27日の仕訳②
(借)給料 200,000
 (貸)所得税預り金 2,000
 (貸)現金 198,000
5月28日の仕訳①-1
(借)前受金 15,000
(借)売掛金・東京 65,000
 (貸)売上 80,000
5月28日の仕訳①-2
(借)売掛金・東京 1,500
 (貸)現金 1,500
5月28日の仕訳②
(借)買掛金・栃木 1,000
 (貸)仕入 1,000
5月29日の仕訳
(借)前受金 20,000
(借)売掛金・千葉 80,000
 (貸)売上 100,000
5月30日の仕訳①
(借)買掛金・茨城 200,000
(借)買掛金・栃木 150,000
 (貸)当座預金 350,000
5月30日の仕訳②
(借)売上 5,000
 (貸)売掛金・千葉 5,000
5月30日の仕訳③
(借)支払家賃 75,000
 (貸)当座預金 75,000
5月30日の仕訳④
(借)水道光熱費 27,000
 (貸)当座預金 27,000
5月30日の仕訳⑤
(借)現金 150,000
 (貸)当座預金 150,000
5月31日の仕訳①
(借)仕入 50,000
 (貸)前払金 10,000
 (貸)買掛金・茨城 40,000
5月31日の仕訳②
(借)当座預金 540,000
 (貸)売掛金・東京 300,000
 (貸)売掛金・千葉 240,000
5月31日の仕訳③
(借)借入金 1,000,000
(借)支払利息 60,000
 (貸)当座預金 1,060,000

第4問・伝票会計(配点10点)

 伝票会計に関する問題です。

 伝票から取引を推定して仕訳をするだけの非常に簡単な問題なので、絶対に取りこぼしてはいけません。

(1) 売上取引

取引の仕訳
(借)受取手形 100,000
(借)現金 300,000
 (貸)売上 400,000

 問題資料の振替伝票の金額「100,000」から、取引を現金売上と手形売上とに分解して処理する方法を採用していることが分かります。

振替伝票
(借)受取手形 100,000
 (貸)売上 100,000
入金伝票
(借)現金 300,000
 (貸)売上 300,000

(2) 交通費の精算

取引の仕訳
(借)旅費交通費 4,000
 (貸)仮払金 4,000

 仮払金を旅費交通費に振り替えただけで、今回は現金のやり取りはありません。よって、出金伝票は記入なしになります。

出金伝票
記入なし
振替伝票
(借)旅費交通費 4,000
 (貸)仮払金 4,000

第5問・財務諸表作成(配点30点)

 貸借対照表と損益計算書を作成する問題です。

 過去問レベルの簡単な問題だったので、きちんと対策していた方は満点近い点数が取れたのではないでしょうか。

決算整理事項等1
(借)雑損 2,000
 (貸)現金 2,000
決算整理事項等2
(借)仮受金 56,000
 (貸)売掛金 56,000
決算整理事項等3
(借)貸倒引当金繰入 16,000
 (貸)貸倒引当金 16,000
決算整理事項等4
(借)仕入 262,000
 (貸)繰越商品 262,000
(借)繰越商品 285,000
 (貸)仕入 285,000
決算整理事項等5
(借)消耗品 5,000
 (貸)消耗品費 5,000
決算整理事項等6
(借)減価償却費 65,000
 (貸)備品減価償却累計額 65,000
決算整理事項等7
(借)前払費用 90,000
 (貸)支払家賃 90,000
決算整理事項等8
(借)未収収益 2,400
 (貸)受取利息 2,400
決算整理事項等9
(借)受取手数料 2,000
 (貸)前受収益 2,000

第146回日商簿記検定 難易度アンケート&解答速報
簿記3級 簿記2級 簿記1級
難易度アンケート 難易度アンケート 難易度アンケート
問題・解答・解説 問題・解答・解説