第144回日商簿記検定3級を受験された皆様、お疲れ様でした。本ページでは、第144回日商簿記検定の試験問題の無料請求方法や、TACや大原などの解答速報情報、各問題の管理人の解説をまとめました。

 なお、第144回日商簿記検定3級の感想や質問はページの一番下のコメント欄に気軽に書き込んでください。ひとことでも長文でも構いません。受験生の皆様のコメントをお待ちしております。

第144回日商簿記検定「問題・解答集」の無料配布のお知らせ

解答解説集

 資格の大原で、2016年11月20日に実施された第144回日商簿記検定3級・2級・1級の全問題と解答および解説を一冊にした「問題・解答集」の無料請求をすることが出来ます。

 この「問題・解答集」には問題・解答・解説だけでなく答案用紙も付いており、過去問対策用の教材としても使える優れモノですので、第145回以降の受験を考えていらっしゃる方もぜひ無料請求してみてください。

1. 上記のリンクをクリックすると、資格の大原の公式サイトにジャンプします。画面を下にスクロールし、画面中央の「試験情報・体験記」タブをクリックしてください。

2. 次に、枠内の「【解答速報情報】<第144回>日商簿記11月検定(11/20)解答速報情報!」というテキストリンクを探してクリックし、解答速報ページにお進みください。

大原の問題・解答集の請求方法1

3. 解答速報ページの上部に「お申込みはこちら」という赤色のリンクボタンがあります。このリンクをクリックして請求フォームにお進みください。

大原の問題・解答集の請求方法2

4. 住所・氏名等の必要事項を記入のうえ、最後に「送信ボタン」を押すと請求完了です。数日後、記入した住所宛てに問題・解答集が送られてきます。

第144回日商簿記検定3級 模範解答(解答速報)




第144回日商簿記検定3級 試験問題&管理人の解説

おすすめ解答順序と時間配分

1問→第3問→第5問→第4問→第2

「各問題の配点」と「各問題の難易度」と「時間配分の目安」
配点 難易度 時間配分
準備 5分
1 20点 普通 10分
3 30点 普通 40分
5 30点 簡単 30分
4 12点 簡単 10分
2 8点 普通 15分
見直し 10分

予想合格率

 合格率は40%~50%ぐらいになるかと思います。がんばって勉強した方が順当に合格できる良い問題だったと思います。

第1問・仕訳問題(配点20点)

  1. 売上戻り
  2. 預金の預け替え
  3. 消耗品
  4. 債権の貸倒れ
  5. 手形の振出し
問1 模範解答
(借)売上 72,000
 (貸)売掛金 72,000

 売上戻りに関する問題です。売上時の逆仕訳をするだけなので簡単です。

問2 模範解答
(借)当座預金 100,000
(借)定期預金 2,000,000
 (貸)普通預金 2,100,000

 預金の預け替えに関する問題です。当座預金勘定を100,000円、定期預金勘定を2,000,000円増額し、振替元の普通預金勘定を2,100,000円減額します。

 問題文の「当座借越契約(限度額 ¥ 1,800,000)」はダミーデータですのでご注意ください。

問3 模範解答
(借)消耗品費 30,000
 (貸)未払金 30,000

 消耗品に関する問題です。問題に列挙されている勘定科目の中に消耗品費勘定がある(消耗品勘定はない)ので、消耗品費勘定で処理します。

 うっかり消耗品勘定で処理しないように気をつけてください。

問4 模範解答
(借)前受金 200,000
(借)貸倒損失 600,000
 (貸)売掛金 800,000

 債権の貸倒れに関する問題です。800,000円のうち200,000円については、かねて注文を受けたさいに受け取っていた手付金と相殺しているので、前受金勘定で処理します。

 残額の600,000円については、貸倒損失勘定で処理しましょう。

問5 模範解答
(借)買掛金 250,000
 (貸)支払手形 250,000
(借)通信費 500
 (貸)現金 500

 手形の振出しに関する問題です。郵送代金の処理は少し迷ったかもしれませんが、通信費勘定で費用処理します。

第2問・固定資産の勘定記入(配点8点)

 問題資料から、備品勘定の前期繰越(ア)・当座預金(イ)の金額、備品減価償却累計額勘定の前期繰越(ウ)・減価償却費(エ)の金額を計算する問題です。

 まず、問題の資料から、備品Cは当期中に購入したことが分かるので、備品勘定の前期繰越の金額は備品Aと備品Bの合計額460,000円(=100,000円+360,000円)になります。

 備品勘定の当座預金の金額は備品Cの金額180,000円が、次期繰越の金額は借方の合計額640,000円(=460,000円+180,000円)になります。

 一方、備品減価償却累計額勘定の前期繰越の金額は、備品Aと備品Bの前期末までの減価償却費の合計額84,000円になります。

  • 備品A:平成25年1月1日~平成27年12月31日までの3年分=100,000円×0.9÷5年×3年=54,000円
  • 備品B:平成27年9月1日~平成27年12月31日までの4か月分=360,000円÷4年×4か月/12か月=30,000円

 備品減価償却累計額勘定の減価償却費の金額は、備品A・備品B・備品Cの当期の減価償却費の合計額163,000円になります。

  • 備品A:平成28年1月1日~平成28年12月31日までの1年分=100,000円×0.9÷5年=18,000円
  • 備品B:平成28年1月1日~平成28年12月31日までの1年分=360,000円÷4年=90,000円
  • 備品C:平成28年2月10日~平成28年12月31日までの11か月分=180,000円÷3年×11か月/12か月=55,000円

 最後に、備品減価償却累計額勘定の次期繰越の金額は貸方の合計額247,000円(=84,000円+163,000円)になります。

第3問・合計試算表作成(配点30点)

 平成28年10月中の取引にもとづいて、平成28年10月31日の合計残高試算表を作成する問題です。問題資料が時系列順に与えられているので、二重取引を考慮する必要はありません。

 10月中の取引の分量は平均レベルですし、売掛金・買掛金明細表も作成不要なので、満点近い点数が取れた受験生も多かったのではないでしょうか。

 本問の注意点は、「普通預金と当座預金のケアレスミスに気をつけること」「答案用紙に解答を記入するさいに残高試算表と勘違いしないこと」の2点です。

 あとは、25日の給料の金額は153,000円(=150,000円+3,000円)です。うっかり147,000円(=150,000円-3,000円)にしないように気をつけてください。

10月3日の仕訳
(借)売掛金 400,000
 (貸)売上 400,000
10月4日の仕訳
(借)広告宣伝費 25,000
(借)支払手数料 200
 (貸)普通預金 25,200
10月5日の仕訳
(借)修繕費 40,000
 (貸)現金 40,000
10月6日の仕訳
(借)当座預金 492,000
(借)手形売却損 8,000
 (貸)受取手形 500,000
10月11日の仕訳
(借)所得税預り金 4,000
 (貸)普通預金 4,000
10月12日の仕訳
(借)仕入 275,000
 (貸)買掛金 275,000
10月13日の仕訳
(借)仮払金 30,000
 (貸)現金 30,000
10月14日の仕訳
(借)売掛金 750,000
 (貸)売上 750,000
10月17日の仕訳
(借)旅費交通費 34,000
 (貸)仮払金 30,000
 (貸)現金 4,000
10月18日の仕訳
(借)現金 100,000
 (貸)普通預金 100,000
10月20日の仕訳
(借)支払手形 200,000
 (貸)当座預金 200,000
10月25日の仕訳
(借)給料 153,000
 (貸)所得税預り金 3,000
 (貸)普通預金 150,000
10月26日の仕訳
(借)租税公課 3,000
 (貸)現金 3,000
10月27日の仕訳
(借)仕入 560,000
 (貸)支払手形 560,000
10月28日の仕訳
(借)通信費 8,000
(借)水道光熱費 24,000
(借)資本金 32,000
 (貸)普通預金 64,000
10月31日の仕訳
(借)買掛金 700,000
(借)支払手数料 1,000
 (貸)普通預金 701,000
10月31日の仕訳
(借)普通預金 950,000
 (貸)売掛金 950,000

第4問・仕訳日計表(配点12点)

 平成28年10月1日の取引にもとづいて仕訳日計表・総勘定元帳の現金勘定の空欄を推定する問題および、11月1日時点の札幌商店に対する売掛金残高を計算する問題。

 2016年6月試験から簿記3級の試験範囲になった論点で、今回初めて出題されました。伝票の枚数も少なく、現金勘定にも金額を記入するだけでしたので簡単だったと思います。

 なお、本問は(2)で札幌商店に対する売掛金の金額が問われているので、仕訳をするさいは「売掛金」ではなく「さ・売掛金」「せ・売掛金」のような感じで、売掛金の前に商店名の頭文字を付けると、簡単に金額を計算できます。

入金伝票 No.101
(借)現金 30,000
 (貸)さ・売掛金 30,000
入金伝票 No.102
(借)現金 40,000
 (貸)売上 40,000
出金伝票 No.201
(借)買掛金 23,000
 (貸)現金 23,000
出金伝票 No.202
(借)買掛金 16,000
 (貸)現金 16,000
出金伝票 No.203
(借)水道光熱費 9,000
 (貸)現金 9,000
振替伝票 No.301
(借)さ・売掛金 80,000
 (貸)売上 80,000
振替伝票 No.302
(借)受取手形 24,000
 (貸)せ・売掛金 24,000
振替伝票 No.303
(借)仕入 53,000
 (貸)買掛金 53,000

第5問・財務諸表作成(配点30点)

 問題資料の決算整理前残高試算表・決算整理事項等にもとづいて、平成27年度の貸借対照表・損益計算書を作成する問題です。特に難しいところはないので、第3問と同様、けっこう点数が取れたんじゃないでしょうか。

 おそらく多くの受験生が(2)決算整理事項等の1.~9.までの仕訳を下書き・集計したと思いますが、5.に関しては仕訳ではなく商品ボックスを書くことをおすすめします。

 (1)の決算整理前残高試算表から期首商品棚卸高が273,000円、当期商品仕入高が3,200,000円であることが分かるので、その合計額から期末商品棚卸高189,000円を差し引いて、売上原価の金額3,284,000円を算定しましょう。

決算整理事項等 1
(借)通信費 3,600
(借)雑損 400
 (貸)現金 4,000
決算整理事項等 2
(借)仮受金 67,000
 (貸)売掛金 67,000
決算整理事項等 3
(借)買掛金 360,000
 (貸)未払金 360,000
決算整理事項等 4
(借)貸倒引当金繰入 14,000
 (貸)貸倒引当金 14,000
決算整理事項等 5
(借)仕入 273,000
 (貸)繰越商品 273,000
(借)繰越商品 189,000
 (貸)仕入 189,000
決算整理事項等 6
(借)減価償却費 80,000
 (貸)備品減価償却累計額 80,000
決算整理事項等 7
(借)前払家賃 80,000
 (貸)支払家賃 80,000
決算整理事項等 8
(借)支払利息 3,000
 (貸)未払利息 3,000
決算整理事項等 9
(借)未収手数料 24,000
 (貸)受取手数料 24,000

第144回日商簿記検定3

第144回日商簿記検定2

第144回日商簿記検定1