大原の出題予想会ってなに?本当に無料なの?!

資格の大原の出題予想会

 資格の大原は、日商簿記検定の試験前に「出題予想会」や「無料模擬試験」を全国の各校舎で開催しており、公式サイトで事前に申し込みをすれば誰でも無料で参加することができます。

 校舎によって「出題予想会」か「無料模擬試験」のどちらかが行われることになっており、東京ですと…今回は水道橋校で「無料模擬試験」が、池袋校・渋谷校・町田校・立川校で「出題予想会」が行われるとのことです。

 「出題予想会」も「無料模擬試験」も大原のオリジナル教材(ファイナルチェック問題)を使う点は同じですが、「出題予想会」が出題予想やワンポイント講義などを1時間で行うのに対して、「無料模擬試験」は大原の各校舎でファイナルチェック問題を解いて(2時間)、その後に解説を受講する(1時間)という形になるので合計で3時間ぐらいかかります。

 仕事帰りにサクッと話しを聞きたいという方には「出題予想会」を、本試験さながらの雰囲気の中で問題を解いて、その後、プロの解説を聞いてみたいという方には「無料模擬試験」をおすすめします。

資格の大原の公式サイト

出題予想会の流れをご紹介

  1. ファイナルチェック問題の冊子が配られる
  2. 過去の本試験の合格率・出題状況の確認
  3. 第144回試験の出題予想
  4. ファイナルチェック問題のワンポイント解説
  5. 直前対策講座の案内

ファイナルチェック問題の冊子が配られる

 私が参加した渋谷校の「簿記2級 出題予想会」は、定員54人の教室で行われました。今回の出席者は30人弱ぐらいで、男女比はだいたい半々、年齢層は30代前後の方が多かった気がします。

 各席には予め直前対策講座のパンフレットと参加アンケートが置かれており、開始時刻の19時になるとファイナルチェック問題が配られました。

パンフレットとアンケート
パンフレットとアンケート

ファイナルチェック問題の冊子
ファイナルチェック問題の冊子

 ファイナルチェック問題の冊子は、過去の本試験の合格率・出題状況のデータ、第144回試験の大原の出題予想、ファイナルチェック問題の問題・解答・解説という構成になっており、とても無料とは思えない高いクオリティです。

過去の本試験の合格率と出題傾向
過去の本試験の合格率と出題傾向

出題予想&ファイナルチェック問題
出題予想&ファイナルチェック問題

過去の本試験の合格率・出題状況の確認

 先生の簡単な自己紹介のあと、過去の本試験の合格率や出題状況の話しがありました。第141回・第142回の合格率が極端に低かった理由や、逆に、合格率が高かった回の理由も分かりやすく説明してくれます。

 また、試験範囲の改定の話しにも触れられ、「2015年度・2016年度・2017年度・2018年度の試験範囲を比較すると、2016年度の試験範囲が一番狭いので第144回試験はチャンス」とおっしゃっていました。

第144回試験の出題予想

 過去の本試験の合格率や出題状況を踏まえたうえで、大原の出題予想+先生独自の予想を教えてもらえます。第2問の有価証券に関しては、「5つの分類+貸借対照表にどんな金額が表示されるか」まで踏み込んで解説していただきました。

 ちなみに、今回の出題予想を担当されたのは石川先生という男性の方でしたが、(良い意味で)大原の先生!って感じで、この後のワンポイント解説も含めてすごく分かりやすかったです。プロの先生はすごい…と改めて思いました。

ファイナルチェック問題のワンポイント解説

 出題予想の話しが終わった後、ファイナルチェック問題の第5問の解説がありました。冊子に書かれている解説よりも分かりやすく、こういうふうに説明すれば分かりやすいんだなぁと感心してしまいました(おいおい)。

 全ての出題予想会で第5問の解説があるのか分かりませんが、今回はこの時に電卓を使いましたので、なるべく持っていくことをおすすめします(※無くてもなんとかなります)。

直前対策講座の案内

 最後に、申し訳程度に直前対策講座の案内がありました。その他に勧誘らしい勧誘はなく、参加アンケートが回収されるとあっけなく終了です。ここまでで開始からちょうど1時間。ちょっとぐらい勧誘してもいいのに…と思いながら帰途につきました。




出題予想会のQ&A

出題予想会は本当に無料ですか?
 無料です。後から参加費を請求されることはありませんのでご安心ください。

参加したら営業の電話やメールが来たりしませんか?
 大原やTACなどの業界大手は強引な勧誘はしません。大原から営業の電話がかかってきたことは一度もありませんし、今回の参加アンケートにメールアドレスの記入欄がありますが、「大原からのお知らせを受け取ることを希望しない場合はチェックをお付けください」と書かれているので、きちんとチェックを入れればメールも来ません。

出題予想会の雰囲気はどんな感じですか?友達はできますか?
 ほとんどの方が1人で参加されているようで、出題予想会の雰囲気はかなり静かです。講義中だけでなく、講義前・講義後も私語はほとんど聞こえてきませんでした。よって、友達をつくるのはなかなか難しいと思います。

 簿記の勉強仲間を作りたい場合は、簿記検定ナビ主催のオフ会にご参加ください。東京・渋谷で定期的に開催しています。

ファイナルチェック問題の冊子だけ欲しいです。出題予想会に参加しなくてももらえますか?
 ファイナルチェック問題の冊子だけもらうのは難しいと思います。ファイナルチェック問題の冊子は、予め机の上に置かれていた直前対策講座のパンフレットや参加アンケートとは別に、出題予想会の開始直後に手渡しで参加者に配られました。

 このようにきちんと管理されていることを勘案すると、ファイナルチェック問題の冊子は「参加者限定の特典」であると考えたほうが良さそうです。

 ただ、近くに大原の校舎が無くて参加できない等の理由がある場合は、一度、大原さんに相談してみてはいかがでしょうか。

出題予想会のまとめ

 今回、初めて出題予想会に参加しましたが…予想していたよりも内容が濃くて良かったです。また、時間も1時間できっちり終わるので、仕事の後にサクッと参加するにはもってこいだと思います(※渋谷校は19時~20時までの1時間でした)。

 なお、開催日時は各校舎によって異なるので、もうすでに終わっているところもありますが、水道橋校や横浜校、名古屋校などはこれからです。お近くに大原の校舎があって、第144回日商簿記検定2級を受験される方は、ぜひ参加してみましょう。本当におすすめです!

資格の大原の公式サイト