書籍概要

  1. 第142回対応ここが出る!日商簿記3級 完全予想模試

    価格 4.5
    内容 4.0
    人気 3.5
    教材種別:
    予想問題集
    出版社:
    成美堂出版
    問題数:
    4回分
    ページ数:
    62ページ
    サイズ:
    30 × 21 × 1 cm
    価格:
    840円(税別)

     第142回日商簿記検定3級対策用の予想問題集です。4回分の試験問題の他に、切り離して使える仕訳カード(全40問)が収載されています。

     また、大問別の出題予想(第1予想~第4予想)、過去の出題傾向と対策、時間配分&下書き用紙の使い方、弱点発見シートなど…独学者にとって有益な情報も多数掲載されています。

    管理人のレビュー

     TACやNSの予想問題集に比べると、解説はかなりシンプルな構成になっています。下書きの書き方も一部の問題のみで、全ての問題の書き方が紹介されているわけではないので、人によっては物足りないと感じるかもしれません。

     仕訳カードには「左上のリングを通す部分」にミシン目が入っているので、簡単にリング穴を作ることができます。紙質もしっかりしているので使いやすいと思います。

     価格(税抜)は、TAC・NSの予想問題集が900円・850円なのに対し本書は840円なので、わずかではありますが価格面でのアドバンテージがあります。なお、成美堂出版にはTAC・NSのように割引価格で購入できる直販サイトはありません。

    Amazonで購入(定価)

    楽天ブックスで購入(定価)

管理人が実際に問題を解いてみました!

第1予想

 第1問は簡単なので、特に問題ないと思います。

 第2問は、過去問とはまたちょっと違った切り口の良い問題だと思います。まず2月中の仕訳を全て書いたうえで、問1・問2は「どの補助簿に記入されるのか」を仕訳ごとに考えましょう。商品売買時の商品有高帳への記入がポイントになります。

 問3・問4は、商品を除く貸借対照表項目の2月末残高が問われています。貸借対照表に記載されない仕入勘定や売上勘定は対象外なので気をつけてください。また、問1・問2が補助簿名を問われているのに対し、問3・問4では勘定名が問われています。補助簿名で解答しないように気をつけてください。

 第3問は、資料Bが日付別(時系列)で与えられているので、頻出する8勘定(現金・当座預金・受取手形・売掛金・支払手形・買掛金・仕入・売上)についてT勘定を設定して集計しましょう。その他の勘定科目は「その他」勘定に記入・集計します。

 また、売掛金と買掛金に関しては明細表を作成する必要があるので、下書きの売掛金勘定・買掛金勘定に金額を書き込むさいにはどの商店の増減なのかひと目で分かるようにしておくのがポイントです。

第1予想・第3問の下書き
第1予想・第3問の下書き(PDF版

 第4問は、まず資料で与えられている5つの取引の仕訳を書きますが、引出金勘定はあくまでも資本金が減少するさいに使う勘定科目なので、8月1日の追加出資の仕訳で引出金勘定を使わないように気をつけてください。

 また、当期純利益の金額は、期末の資産総額(12,345,000円)から負債総額(8,967,000円)を差し引いて期末の資本金勘定の金額(3,378,000円)を計算し、さらに期首の金額(3,333,000円)との差額により求めます。

 第5問は簡単なので、特に問題ないと思います。

★第1予想の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
簡単 普通 難しい 普通 簡単
5分 10分 20分 40分 10分 25分 10分

第2予想

 第1問は、問4の「小型トラック3台@¥1,800,000」の処理に気をつけてください。3台の合計金額が1,800,000円というわけではなく、1台1,800,000円の小型トラックを3台購入したという意味です。

 第2問は、問2の売上総利益の計算がポイントになります。まず、資料[商品甲に関する事項]の8日、16日、24日のデータから売上高を計算します。解答時間を短縮するため、下書きなどは書かずに電卓でぱぱっと計算してしまいましょう。

× M+

× M+

× M+ RM

 なお、8日・16日・24日ともに売価は2,500円なので、以下のように先に個数を集計してから売価を掛けあわせるともっと簡単です。

×

 上記の計算により売上高が3,000,000円と分かるので、次に売上原価を計算しましょう。先入先出法は先に仕入れた商品から順番に払いだしたと仮定して計算する方法なので、問1で作成した商品有高帳の受入欄の上から1,200個分が先入先出法を採用した場合の売上原価になることが分かります。

 前期繰越:300個、5日仕入分:500個、11日仕入分:400個の合計がちょうど1,200個になるので、360,000円+620,000円+492,000円=1,472,000円が売上原価の金額になります。あとは、「売上高-売上原価=売上総利益」の公式に各金額を当てはめて売上総利益を計算しましょう。

 書籍の解説では、先入先出法を採用した場合の商品有高帳を自作して売上原価の金額を算定していますが、一から作っているとかなり時間がかかってしまうので、問1で作成した商品有高帳を有効活用して解答時間の短縮を図りましょう。

 第3問は、第1予想の問題と同様に二重取引を考慮する必要が無いので、頻出する8勘定(現金・当座預金・受取手形・売掛金・支払手形・買掛金・仕入・売上)についてT勘定を設定して集計しましょう。その他の勘定科目は「その他」勘定に記入・集計します。

 書籍の解説には「T勘定を設定して残高を求めるものは主要な勘定のみ」と少しぼかして書かれていますが、問題ごとに設定する勘定をあれこれ取捨選択するのは時間がもったいないです。

 よって、本問のように二重取引を考慮する必要が無い試算表作成問題は「上記の8勘定+その他勘定で解く」と予め決めておきましょう。

第2予想・第3問の下書き
第2予想・第3問の下書き(PDF版

 第4問は、まず11月13日・12月22日の2つ仕訳を考えますが、貸方の現金過不足勘定がポイントになります。本問は、12月25日に現金のズレを調整しているので、それ以降に現金が増減する場合は現金勘定ではなく現金過不足勘定で処理します。

 第5問は答案用紙の空欄が多いので難しく感じるかもしれませんが、8つの決算整理事項はいずれも簡単なものばかりです。短い解答時間で満点が取れるまで繰り返し解いてください。

★第2予想の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
簡単 普通 普通 難しい 普通
5分 10分 15分 30分 20分 30分 10分

第3予想

 第1問は簡単なので、特に問題ないと思います。

 第2問は、書籍では「分記法による仕訳を書く」→「三分法による仕訳を書く」→「答案用紙の各勘定に記入する」という流れで解説されていますが、わざわざ分記法による仕訳を書くのは時間がもったいないです。

 よって、実際に問題を解くさいには「(資料から取引の内容を読み取って)三分法による仕訳を書く」→「答案用紙の各勘定に記入する」という流れで解くことをおすすめします。

 なお、個別の仕訳については13日の仕入戻し(仕入値引)と、15日の売上戻り、31日の決算整理仕訳および決算振替仕訳がやや難しいので、間違えてしまった方はきちんと復習しておきましょう。

 第3問は、第1予想・第2予想の問題と同様に二重取引を考慮する必要が無いので、頻出する8勘定(現金・当座預金・受取手形・売掛金・支払手形・買掛金・仕入・売上)についてT勘定を設定して集計しましょう。その他の勘定科目は「その他」勘定に記入・集計します。

 書籍の解説には「T勘定を設定して残高を求めるものは主要な勘定のみ」と少しぼかして書かれていますが、問題ごとに設定する勘定をあれこれ取捨選択するのは時間がもったいないです。

 よって、本問のように二重取引を考慮する必要が無い試算表作成問題は「上記の8勘定+その他勘定で解く」と予め決めておきましょう。

第3予想・第3問の下書き
第3予想・第3問の下書き(PDF版

 1月中の取引は「6.商品の自家消費」「10.売上時の為替手形の処理」「23.備品代金の支払い」あたりの処理がポイントになります。また、当期首の資本金勘定の金額が前期末の資本金勘定+前期の当期純利益の合計額になる点にも気をつけてください。

 なお、本問で問われている試算表の種類は「合計」です。確認を怠って「残高」と勘違いして解答すると、それだけで20点近くの減点になるのでご注意ください。

 第4問は簡単なので、特に問題ないと思います。

 第5問は、未記帳事項1の当座借越・当座預金の処理がちょっと珍しいぐらいで、その他は特に目新しいところもなく簡単なので、特に問題ないと思います。

★第3予想の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
簡単 難しい 難しい 簡単 普通
5分 10分 25分 40分 5分 25分 10分

第4予想

 第1問は、問2の当店振出小切手の処理に気をつけてください。以前に振り出した小切手が手元に戻ってきた場合、現金の増加ではなく当座預金の増加として処理します。簿記3級の小切手に関しては、以下の3パターンがよく問われるので頭に入れておいてください。

  • 当店振出小切手を受け取った場合:当座預金勘定の増加
  • 他店振出小切手を受け取った場合:現金勘定の増加
  • 他店振出小切手を受け取って、ただちに当座預金に預け入れた場合:当座預金勘定の増加

 第2問は、出来不出来がはっきり分かれる問題です。本問で問われているのは12日・25日・26日だけなので、まずはこの3日に関する情報をピックアップしましょう。

  • 12日:受取手形記入帳、売上帳
  • 25日:受取手形記入帳(てん末欄)、仕入先元帳
  • 26日:受取手形記入帳、得意先元帳

 あとは、ひとつひとつ仕訳を考えていくだけです。12日は売り上げの対価として約束手形を受け取ったことが分かります。25日は買掛金を返済するために手形を裏書きしたことが分かります。26日は得意先の阿蘇商店が買掛金(当店からすると売掛金)を返済するために為替手形を振り出し、当店がそれを受け取ったことが分かります。

 第3問は、6月中の取引が日付別(時系列)で与えられているので、頻出する8勘定(現金・当座預金・受取手形・売掛金・支払手形・買掛金・仕入・売上)についてT勘定を設定して集計しましょう。その他の勘定科目は「その他」勘定に記入・集計します。

 書籍の解説には「T勘定を設定して残高を求めるものは主要な勘定のみ」と少しぼかして書かれていますが、問題ごとに設定する勘定をあれこれ取捨選択するのは時間がもったいないです。

 よって、本問のように二重取引を考慮する必要が無い試算表作成問題は「上記の8勘定+その他勘定で解く」と予め決めておきましょう。

第4予想・第3問の下書き
第4予想・第3問の下書き(PDF版

 なお、本問は発送費の処理がいろんな形が問われています。当店負担・得意先負担の処理の違いをきちんと押さえておきましょう。なお、15日の仕訳に関しては、答案用紙の試算表の勘定科目に立替金がないので売掛金勘定で処理すると判断します。

  • 3日の仕入時の発送費(当店負担):仕入原価に含めて処理
  • 4日の売上時の発送費(当店負担):発送費勘定で費用処理
  • 15日の売上時の発送費(得意先負担):売掛金勘定または立替金勘定で処理

 また、16日の仕訳に関しては、商品を注文しただけで実際に仕入れたわけではないので、このタイミングでは手付金の処理だけを行います。

 第4問は簡単なので、特に問題ないと思います。

 第5問も簡単なので、特に問題ないと思います。パズル感覚で、分かるところからどんどん金額を埋めていきましょう。

★第4予想の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
簡単 簡単 普通 簡単 簡単
5分 10分 10分 40分 10分 35分 10分

質問掲示板のご案内

 本書の問題に関する質問は、簿記検定ナビ内の日商簿記検定3級に関する質問掲示板で受け付けております(もちろん無料です)。

 本書に収載されている全ての問題を解いている&問題が手元にあるので、ご質問に対してすぐに回答できると思います。お気軽にご利用ください。