簿記検定ナビ > 簿記2級 質問掲示板 > 記事閲覧
★ 仕訳について
投稿日 : 2009/10/25 12:20
投稿者 そっち〜
参照先
管理人さんこんにちわ。

ちょっとした疑問が沸いたので教えてください><


問1
前期において、向こう6年分の火災保険(1年20000円)を繰延処理をし、前払い保険料勘定に¥20000、長期前払い保険料勘定に100000を形状していた。
当期の決済にあたり、適切な費用の期間帰属のための処理を行う。
なお、当期首において、再振替仕訳は行っていない。


支払保険料 20000 / 前払保険料 20000
前払保険料 20000 / 長期前払保険料 20000


なのですが、
@借方、貸方ともに同じ勘定科目がきた場合は相殺して解答してもOKなのでしょうか?
Aまた、分けて書いている意味(会計上)はあるのでしょうか?



問2
平成17年3月31日、銀座産業は、発行している普通社債が満期日を迎えたので、社債の利息とともに小切手を振り出して償還した。
なお、この社債は、額面総額¥1200000、償還期間3年、利率念0.2%(3月、9月末)¥100につき¥99で発行したものであり、発行差額は償却原価法(定額法)により処理している。


社債 1200000  / 当座預金 1201200
社債利息 4000 / 社債   4000
社債利息 1200 


問2については、借方の部分に社債利息勘定が分けて書かれていますが、
B社債利息勘定を1つにまとめてもいいのでしょうか?
C分ける意味はあるのでしょうか?決まりごとなど・・?


長文ですが、ご教授の程、お願いいたします。
★ いつもありがとうございます。 ( No.2 )
投稿日 : 2009/10/26 20:34
投稿者 そっち〜
参照先
分かりやすい説明ありがとうございます。
分けて書くクセをつけて試験に挑みたいと思います。

試験まであと少し!!がんばります。
★ 回答させていただきます。 ( No.1 )
投稿日 : 2009/10/25 23:42
投稿者 ぼっちー@管理人
参照先 http://www.boki-navi.com/
そっち〜さん、こんばんは。
それでは早速、回答させていただきます。

基本的にはどちらの仕訳もまとめずに書いてください。
@の一本目のは「前払保険料の振り替え」の仕訳ですし、
二本目のは「長期前払保険料の振り替え」の仕訳ですので、
1年基準の適用を明らかにする上でもやはり分けて書くべきかと。

Aも「社債の償却」と「社債の償還」の仕訳ですから同様です。

また、分けて書くと見直しの際にも楽ですから、
基本的には仕訳を分けて書くクセをつけておいて、
問題に特に指示がある場合はそちらに従うという形で問題ないです。
件名
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
コメント

簿記検定ナビ TOPページ
[ 簿記3級 質問掲示板 ] - [ 簿記2級 質問掲示板 ] - [ 簿記1級 質問掲示板 ] - [ 簿記 総合掲示板 ]

- WEB PATIO -
- Edit: WAIOLI NET -