簿記検定ナビ > 簿記2級 質問掲示板 > 記事閲覧
★ 第116回 仕訳類題2(有価証券の売却)について
投稿日 : 2018/11/14(Wed) 15:35
投稿者 火の
参照先
はじめまして。
仕訳過去問題を利用させていただいてます。
その中で疑問がありましたので、タイトルの件について質問させてください。

こちらの問題の参考として支払手数料勘定を用いた場合の仕訳があるのですが

〉【参考】売買手数料を支払手数料勘定を使って処理する場合
(借)当座預金 484,000
(借)支払手数料 3,000
 (貸)売買目的有価証券 480,000
 (貸)有価証券売却益 7,000

この仕訳がわかりません。
自分でやってみると

(借)当座預金 490,000
(借)支払手数料 3,000
 (貸)売買目的有価証券 480,000
 (貸)有価証券売却益 7,000
 (貸)受取利息 6,000

となります。
問題文の 
売買手数料 ¥ 3,000 を控除した金額 ¥ 490,000 が当座預金口座に振り込まれた。 
というのを読み違えているのでしょうか?
貸方の受取利息を当座預金から引いているのはなぜでしょうか?

ご教示のほどよろしくお願いいたします。
★ Re: 第116回 仕訳類題2(有価証券の売却)について ( No.2 )
投稿日 : 2018/11/15(Thu) 11:01
投稿者 火の
参照先
簿記検定ナビ 田口様

ご返信ありがとうございます。

質問を投稿してから、1つ目の仕訳を合わせる前のものだと気付きました…どうもすみません。

試験直前になって、仕訳については理解できているかと思えるのですが、問題文の読み落としやケアレスミスが頻発しており、
今回も質問させて頂いたあとで落ち着いてからやっとわかった次第で、だいぶガックリきていました。

ご追伸で優しいお言葉をいただきまして、ありがとうございます。もしお役に立てたのなら幸いです。

試験でもなんとか落ち着けるように心掛けたいと思います。

どうもありがとうございました。頑張ります!
★ 1本目の利息に関する仕訳は売買手数料の処理には関係ないため、解説を省略しています。 ( No.1 )
投稿日 : 2018/11/15(Thu) 07:42
投稿者 田口泰久@管理人
参照先 http://www.boki-navi.com/journalizing/116-2-2.html
火のさん

おはようございます。
簿記検定ナビの田口です。

>> 貸方の受取利息を当座預金から引いているのはなぜでしょうか?

解説末尾で紹介しているのは「2本目の仕訳」の別パターンです。
1本目の仕訳は売買手数料の処理には関係ないため、解説を省略しています。

・売買手数料を売却損益に含めて処理する場合の解答仕訳

(借)当座預金 6,000
 (貸)受取利息 6,000

(借)当座預金 484,000
 (貸)売買目的有価証券 480,000
 (貸)有価証券売却益 4,000

・売買手数料を支払手数料を使って処理する場合の解答仕訳

(借)当座預金 6,000
 (貸)受取利息 6,000

(借)当座預金 484,000
(借)支払手数料 3,000
 (貸)売買目的有価証券 480,000
 (貸)有価証券売却益 7,000

【結論】
火のさんの仕訳は正しいです。ご安心ください。

【追伸】
次回の更新時に解説の一部を修正いたします。
新たな気づきを与えていただきありがとうございました!

本試験まで残り4日。
ラストスパートがんばってください。
応援しています!
件名
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
コメント

簿記検定ナビ TOPページ
[ 簿記3級 質問掲示板 ] - [ 簿記2級 質問掲示板 ] - [ 簿記1級 質問掲示板 ] - [ 簿記 総合掲示板 ]

- WEB PATIO -
- Edit: WAIOLI NET -