簿記検定ナビ > 簿記1級 質問掲示板 > 記事閲覧
★ 使用価値と正味売却価額が双方マイナスの場合の回収可能価額と、減損損失の額
投稿日 : 2018/08/21(Tue) 18:27
投稿者 八谷
参照先
お世話になっております、いつも貴社ホームページを利用させていただいております。

減損の測定(第2ステップ)において、回収可能価額は使用価値と正味売却価額のいずれか高い方と定められていると思いますが、
このルールは、使用価値と正味売却価額の双方がマイナスであった場合でもそのまま適用されるのでしょうか。

そうであるとすると、減損損失額は帳簿価額から(マイナスの)回収可能価額を引いた額となり、帳簿価額を超える減損損失が発生することとなりますが、この理解で合っているでしょうか。
★ Re: 使用価値と正味売却価額が双方マイナスの場合の回収可能価額と、減損損失の額 ( No.2 )
投稿日 : 2018/08/25(Sat) 22:54
投稿者 八谷
参照先
ありがとうございました!
直感的にも納得できました
★ 帳簿価額を超える減損損失を計上することはできません。 ( No.1 )
投稿日 : 2018/08/21(Tue) 19:07
投稿者 田口泰久@管理人
参照先 http://www.boki-navi.com/
八谷さん

こんばんは。
簿記検定ナビの田口です。

>> 使用価値と正味売却価額の双方がマイナスであった場合でもそのまま適用されるのでしょうか。
>> 減損損失額は帳簿価額から(マイナスの)回収可能価額を引いた額となり、帳簿価額を超える減損損失が発生することとなりますが、この理解で合っているでしょうか。

まず、帳簿価額を超える減損損失を計上することはできません。
マイナス部分については引当金の要件を満たす場合、引当金繰り入れによる損失を計上します。
参考までに以下のURLの内容をご確認ください。

【参考】正味売却価額がマイナスの場合
https://www.shinnihon.or.jp/corporate-accounting/qa/inventories/syoumibaikyakukagaku-mainasu.html

また、使用価値がマイナスの場合は、回収可能額をゼロとして減損損失額を計算するケースもあるようです。
参考までに以下のPDFの内容をご確認ください。

【参考】特別損失の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ
https://www.carnabio.com/output/irlibrary/347_ja.pdf

受験簿記では問題の指示に従って処理しましょう。
勉強がんばってください。
件名
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
コメント

簿記検定ナビ TOPページ
[ 簿記3級 質問掲示板 ] - [ 簿記2級 質問掲示板 ] - [ 簿記1級 質問掲示板 ] - [ 簿記 総合掲示板 ]

- WEB PATIO -
- Edit: WAIOLI NET -