簿記検定ナビ > 簿記1級 質問掲示板 > 記事閲覧
★ 株式交換の仕訳について
投稿日 : 2018/03/31(Sat) 17:20
投稿者 のっこ
参照先
はじめまして。H30.6月試験に向け勉強中ののっこと申します。

株式交換の時の取得側の企業の仕訳で、
なぜそうなるかがわからないため教えてください。


■テキスト(引用)

TAC出版 簿記の教科書<商簿>3 第5版
Chapter2 企業結合・事業分離 


【問題1】<P.51>例8 株式交換の会計処理

次の場合のA社における株式交換日の仕訳を示しなさい。
(1)A社とB社は株式交換を行い、A社が完全親会社となった。
(2)交換比率は0.8であり、A社およびB社の発行済株式総数は
 それぞれ100株および80株であった。
(3)株式交換日におけるA社の株価は100円であった。
(4)増加する払込資本のうち2分の1ずつを資本金と資本準備金とする。

【解答】
(子会社株式) 6,400 / (資本金)   3,200
             (資本準備金) 3,200


【問題2】<P.60>基本問題 問2 株式交換

A社は株式交換によりB社を完全子会社とした。取得企業はA社である。
次の資料にもとづいて、A社の株式交換の仕訳を示しなさい。
[資料]株式交換に関する事項
(1)A社の発行済株式総数は50,000株、B社の発行済株式総数は
 12,000株である。
(2)株式交換比率はA社:B社=1:0.6である。
(3)株式交換日におけるA社株式の時価は1株あたり100円である。
(4)A社の増加する株主資本はすべて資本金とする。

【解答】
(B社株式)720,000 /(資本金)720,000



■質問
問題1の時の借方勘定科目は「子会社株式」で、問題2では「B社株式」です。
問題2の時も、B社はA社の子会社なので「子会社株式」ではだめなのでしょうか?
〇〇のときは「子会社株式」、▲▲のときは「B社株式」など
理解が足りないところがありましたら、ご教示いただけますと幸いです。


よろしくお願いいたします。
★ Re: 株式交換の仕訳について【お礼】 ( No.2 )
投稿日 : 2018/04/10(Tue) 22:09
投稿者 のっこ
参照先
簿記検定ナビ 田口さま

こんばんは。
早速のお返事ありがとうございます!

勘定科目の指定がない場合はどちらでも良いということで、ほっとしました。

ありがとうございました。
★ 子会社株式でも大丈夫です。 ( No.1 )
投稿日 : 2018/04/10(Tue) 20:15
投稿者 田口泰久@簿記検定ナビ
参照先 http://www.boki-navi.com/
のっこさん

こんばんは。
簿記検定ナビの田口です。

>> 問題2の時も、B社はA社の子会社なので「子会社株式」ではだめなのでしょうか?

勘定の指定はありませんので、子会社株式でも大丈夫です。

仕訳の解答時に、〇〇のときは「子会社株式」、▲▲のときは「B社株式」などという使い分けはないです。
本問のように、株式交換の仕訳が問われていて、勘定科目の指定がない場合はどちらで解答しても構いません。

がんばってください。
件名
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
コメント

簿記検定ナビ TOPページ
[ 簿記3級 質問掲示板 ] - [ 簿記2級 質問掲示板 ] - [ 簿記1級 質問掲示板 ] - [ 簿記 総合掲示板 ]

- WEB PATIO -
- Edit: WAIOLI NET -