簿記検定ナビ > 簿記1級 質問掲示板 > 記事閲覧
★ 工業簿記 材料勘定の記入について
投稿日 : 2017/08/10(Thu) 17:55
投稿者 とら
参照先
初めまして、こんにちは。
独学で勉強しているのですが、理解できない問題があり教えていただきたく質問させてください。

材料勘定の記入問題で直接材料費の区別のしかたがわかりません。


1・A材料は、実際消費量を継続記録法により、消費価格を予定消費価格(1kgあたり@140円)により材料費を計算し、B材料は、実際消費量を棚卸計算法により、消費価格を総平均法により計算している。なお、A材料の実際消費価格は先入先出法による。また、C材料(現金で購入)は出入記録を行っていない。

2・月初棚卸高および月末実地棚卸高

      月初棚卸高     月末棚卸高

  A材料 1,000kg 142,000円   1,120kg
  B材料  400kg 30,400円    350kg

3・当月実際購入高
 
      数量  代価  引取運賃 買入手数料

  A材料 5,000kg 670,000 10,000 15,000
B材料 1,600kg 120,000 5,000 4,600
C材料  200kg 6,000

4・当月のA材料庫出に関するデータ

  (1)製造指図書番号の記載のある庫出表  4,000kg
  (2)製造指図書番号の記載のない庫出表   850kg


以上が問題文です。
長くなりましたが、ここから直接材料費がA材料の560,000になり他が間接材料費になるようです。
なぜB材料費が間接材料費になるのでしょうか?

よろしくお願いたします。
★ Re: 工業簿記 材料勘定の記入について ( No.2 )
投稿日 : 2017/08/10(Thu) 21:53
投稿者 とら
参照先
こんばんは。

速答ありがとうございます!
明確な回答に思わず「あぁ〜・・・・」
と、声がもれました。

製造指図書がカギなんですね。
いわれれば、A材料の850kgと同様に
B材料、C材料の庫出データがないというのは直接材料ではないと判断するんですね。

有難うございました。
★ 製造指図書に跡付けできるかどうかがポイントです。 ( No.1 )
投稿日 : 2017/08/10(Thu) 19:55
投稿者 田口泰久@簿記検定ナビ
参照先 http://www.boki-navi.com/
とらさん

こんばんは。
簿記検定ナビの田口です。

>> なぜB材料費が間接材料費になるのでしょうか?

まず、A材料から考えましょう。
資料4の「当月のA材料庫出に関するデータ」から、以下のように判断します。

製造指図書番号の記載のある庫出表:4,000kg → 製造指図書に跡付けできる → 直接材料費
製造指図書番号の記載のない庫出表:850kg → 製造指図書に跡付けできない → 間接材料費

製造指図書に跡付けできるかどうか(=何にどれだけ使ったか分かるかどうか)がポイントです。

では、B材料・C材料はどうでしょうか。
B材料・C材料は、A材料のような資料が与えられていませんので、製造指図書に跡付けできません。
よって、A材料の「製造指図書番号の記載のない庫出表:850kg」と同様に間接材料費で処理します。

【まとめ】
A材料のうち製造指図書に跡付けできるもの → 直接材料費(4,000kg×@140円=560,000円)
A材料のうち製造指図書に跡付けできないもの → 間接材料費
B材料・C材料 → 製造指図書に跡付けできない → 間接材料費

上述のポイントを押さえれば大丈夫だと思います。
がんばってください!!
件名
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
コメント

簿記検定ナビ TOPページ
[ 簿記3級 質問掲示板 ] - [ 簿記2級 質問掲示板 ] - [ 簿記1級 質問掲示板 ] - [ 簿記 総合掲示板 ]

- WEB PATIO -
- Edit: WAIOLI NET -