第151回日商簿記検定3級 第1問(仕訳問題)の過去問分析

第1問 仕訳を制する者が日商簿記3級を制する!

第1問の難度アンケート結果

 第1問は今回も【仕訳問題】でした。

 問3・問5は手数料や利息の金額を各自で計算する必要がありますが、丁寧な指示が入っていたので初見でもじゅうぶん対応できたと思います。その他の3つは、いずれも過去問類似問題です。

 難易度アンケートでは、60%以上の受験生が「かなり簡単だった」「やや簡単だった」と回答しています。仕訳対策・過去問対策をきちんとやっていた方は、短い解答時間で20点満点が取れたのではないでしょうか。

問1 売上戻り

模範解答
(借)売上 350,000
 (貸)売掛金 350,000

 売上戻りに関する問題です。売上時の逆仕訳を考えましょう。

参考:売上時の仕訳
(借)売掛金 ×××
 (貸)売上 ×××
解答:返品時の仕訳
(借)売上 ×××
 (貸)売掛金 ×××

問2 仕入取引

模範解答
(借)仕入 850,000
 (貸)買掛金 850,000

 仕入取引に関する問題です。

 問題文に「販売用の中古車」「当店は中古車販売業を営んでいる」とあるので、車両運搬具(車両)ではなく仕入で処理します。

 本問は、問題に列挙されている勘定科目の中に車両運搬具(車両)がないので、仮に問題を読み間違えたとしても消去法で正解に辿り着けたと思います。

問3 固定資産の購入

模範解答
(借)建物 1,030,000 ※1
(借)土地 3,090,000 ※2
 (貸)普通預金 4,120,000 ※3

※1 1,000,000円+1,000,000円×3%=1,030,000円

※2 3,000,000円+3,000,000円×3%=3,090,000円

※3 1,030,000円+3,090,000円=4,120,000円

 固定資産の購入に関する問題です。

 売買手数料などの付随費用は取得原価に含めて処理します。うっかり支払手数料で処理しないように気をつけましょう。

 具体的には、問題文に「それぞれの代金の3%」とあるので、購入代価に3%の売買手数料を加えて建物・土地の取得原価を計算しましょう。

問4 経費の処理

模範解答
(借)旅費交通費 11,250 ※4
(借)消耗品費 5,000
 (貸)未払金 16,250

※4 6,750円+5,000円=11,750円

 経費の処理に関する問題です。

 問題文に「来月の給料に含めて従業員へ支払う」とあるので、電車代とタクシー代を旅費交通費、書籍代を消耗品費で処理するとともに、従業員に立て替えてもらった分を未払金で処理します。

問5 借入金の返済

模範解答
(借)借入金 200,000
(借)支払利息 3,000 ※5
 (貸)普通預金 203,000

※5 1,000,000円×3.65%×30日/365日=3,000円

 借入金の返済に関する問題です。

 問題文に「利息の引落額は未返済の元本 ¥ 1,000,000 に利率年3.65%を適用し、30日分の日割計算(1年を365日とする)した額」という指示があるので、先に利息の金額を計算しましょう。

1,000,000円×3.65%×30日/365日=3,000円

 なお、利息計算のベースになる借入金の金額は「今月返済分の元本200,000円」ではなく「未返済の元本1,000,000円」です。うっかり200,000円で計算しないように気をつけましょう。



ページの先頭へ