第148回日商簿記検定3級 第1問(仕訳問題)の過去問分析

第1問 全体的には簡単な部類の仕訳問題。第1問は過去問対策が非常に効果的です。

第1問の難度アンケート結果

 第1問は今回も【仕訳問題】でした。

 問2の債権債務の相殺は初めての出題でしたし、問4の整地費用の処理は少し難しかったかもしれませんが、全体的には簡単な部類の問題だったと思います。

 受験生アンケートでも、70%以上の方が「かなり簡単だった」「やや簡単だった」と回答しています。合格するためには最低でも16点(5問中4問正解)は取りたい問題です。

問1 仕入取引・手形取引・当座取引

模範解答
(借)仕入 130,000
 (貸)受取手形 100,000
 (貸)当座預金 30,000

 仕入取引・手形取引・当座取引に関する問題です。

 本問は【手形の裏書きに関する仕訳】【小切手の振り出しに関する仕訳】に分けて考えましょう。

手形の裏書きに関する仕訳

 問題文に「代金のうち ¥ 100,000 は鹿児島商店振出しの約束手形を裏書譲渡」とあるので、受取手形の減少として処理します。

解答仕訳①
(借)仕入 100,000
 (貸)受取手形 100,000

小切手の振り出しに関する仕訳

 残額30,000円(=130,000円-100,000円)を当座預金で処理します。

解答仕訳②
(借)仕入 30,000
 (貸)当座預金 30,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

問2 債権債務の相殺

模範解答
(借)買掛金 500,000
 (貸)売掛金 100,000
 (貸)当座預金 400,000

 債権債務の相殺に関する問題です。

 本論点の問題は今回が初めての出題になりますが、処理自体は非常に簡単です。

 借方の売掛金100,000円と貸方の買掛金500,000円を相殺するとともに、貸借差額の400,000円については、問題文に「小切手を振り出して支払った」とあるので当座預金で処理します。

問3 有価証券の購入

模範解答
(借)有価証券 490,000
 (貸)現金 490,000

 有価証券の購入に関する問題です。

 株式や社債を購入した場合、取得原価に付随費用(取得に伴い発生した費用)を含めて資産計上しますが、本問は付随費用が発生していないので(=ゼロ)、購入代価がそのまま取得原価になります。

取得原価=購入代価+付随費用=500,000円×@98円/@100円+0円=490,000円

問4 固定資産の購入

模範解答
(借)土地 150,000
 (貸)現金 150,000

 固定資産の購入に関する問題です。

 固定資産の購入時に発生した付随費用(購入にともなって発生する整地費用や仲介手数料など)は、取得原価に含めて処理します。

取得原価=購入代価+付随費用

 過去の本試験では、土地の購入時に購入代金と付随費用をあわせて支払う処理がよく問われていましたが、今回の問題は「購入代金の支払い」と「整地費用の支払い」のタイミングがズレているので少し難しく感じたかもしれません。

 本問のように支払うタイミングがズレた場合でも、付随費用である以上は取得原価に含めて処理します。

問5 借入金の返済

模範解答
(借)借入金 730,000
(借)支払利息 4,000
 (貸)当座預金 734,000

 借入金の返済に関する問題です。

 本問は、問題文に「元利合計を当座預金口座から返済した」とありますが、これは文字どおり「本と息の合計額を当座預金から返済した」という意味です。

 解答にあたっては利息の金額を日割りで計算したうえで、元本との合計額を当座預金で処理しましょう。

730,000円×2%×100日/365日=4,000円



簿記オフ会のおしらせ
簿記オフ会

 2019年6月15日・22日(土)・30日(日)に、東京・渋谷で簿記検定ナビ主催の簿記オフ会を開催いたします。今回は試験的に「夜の時間帯」と「昼の時間帯」の両方を開催します。

 みんなで楽しくご飯を食べたりお茶を飲みながら、情報交換しませんか?ほとんどの方が1人で参加されますし、人見知りする方も管理人がなるべくフォローしますので、ご都合のよい日にお気軽にご参加ください!

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ